倉敷・美観地区に最寄りの道の駅・みやま公園

2018年2月現在、確かにこの道の駅が倉敷美観地区に「最寄り」であるとはいえ、アイビースクエアまでは約20キロ、時間にすると40分ほどかかる場所にある。

様々なニーズを持つ人がこのページにアクセスされていると思うが、筆者が勧める道の駅・みやま公園の使い方は「倉敷観光の前泊」だ。理由は、さきほど記した美観地区までの距離にある。

倉敷美観地区の見学施設は、ほとんどが9時から始まるのだが、美観地区に無料駐車場はなく、早く着き過ぎると余計な駐車料金が発生する。その点、ここは多少の余裕を考慮しても、その1時間前に出発すればいいので、朝8時という「いい頃合い」に動けるわけだ。

実は美観地区から5キロほどのところにも、酒津公園という無料の車中泊スポットがある。しかし、そこからだと15分もあれば行けてしまうため、地元住民の目には「長居の部類」に映るだろう。

以前にこの公園で車中泊をする旅行者を見て、何か腹が立つことがあった人なら、早々と警察に「通報」することも考えられる(笑)。

世間一般からすれば、車中泊旅行者の旅立ち時刻は、遅くても8時頃が妥当。

と筆者は思うがどうだろう。「どこでもマイペースで動ける」というのは車中泊旅行者からすれば特権だが、そうでない人には「迷惑行為」に思える時もある。

道の駅みやま公園の場合、幸いなことに駐車場は相当広く、少々のことでは満車にならない。しかも素晴らしいことに、休憩室が24時間利用できる。

また筆者は確認しなかったが、ドックランもあるらしい。

ゴミ箱も、この通りわかりやすいところに置かれている。つまり、施設側は概ね車中泊旅行者に寛大なのだろう。

ただし、玉野市郊外にある山頂公園なので、近くにスーパーやコンビニはなく、5キロほど離れた日帰り温泉「瀬戸内温泉 たまの湯」は、平日でも大人1500円と庶民感覚ではない(笑)。

それもあって、買い出しと入浴を済ませてから行かれることをお勧めする。前泊なら、到着までの道中でそうするだけの余裕が持てるはずだ。

ちなみに、敷地には鮮度の高い地魚を売ってくれる店がある。

これを目当てに朝の8時前から地元の人がたくさんやってくるのだが、旅人にはあまり関係のない話かもしれない。しかし、このアコウは安い。その日に帰るかキャンプをするなら、間違いなく「買い」だった。残念!(笑)。

【道の駅みやま公園 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=〇 普通車:244台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=△

公式サイトはこちら。

【倉敷Contents】

■倉敷観光の正門

■5分でわかる、倉敷の歴史

■倉敷の見どころ

■倉敷のグルメ

■倉敷の駐車場&車中泊事情

■倉敷の車中泊スポット一覧

■倉敷全記事リスト

スポンサードリンク