旅行者が気持ちよく車中泊ができる道の駅 富士吉田

国道138号沿いにあるこの道の駅の標高は約900メートル。そのため夏は涼しいが、12月から3月に行く場合は、積雪と凍結に対する備えが必要だ。

例年2月になると山中湖は結氷する。夜間はマイナスになるのが普通で、ここでの冬の車中泊は、スタッドレス・タイヤはもちろん、FFヒーターかゲレンデなどでの車中泊経験がないと危険。雪道に慣れていない旅行者は、冬場はここを外すほうが無難だろう。

とはいえ…
山中湖にほど近く、忍野八海やパノラマ台から、富士山がらみの風景写真を撮りたい人にお勧の車中泊地であることに違いはない。

【道の駅富士吉田 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=△
2.駐車場のキャパシティー=○ 普通車:115台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○

道の駅・富士吉田の名物は地下100メートルから汲み上げられる富士山の天然水。無料であるうえに、成人病治療に注目されているバナジウムが含まれているとのことで、大きなポリタンクや数え切れないほどのペットボトルを持参する人が多い。以前は給水場が道の駅の駐車場の一画にあり、早朝からざわつくことが多かったので、車中泊は水汲み場から離れた場所でするほうが無難だった。

そのせいではないと思うが(笑)、現在は道の駅の敷地の外に移動している。駐車場からは遠くなったが、炊事場のような台ができて使いやすさは向上した。

晴れていれば駐車場から富士山がよく見える。ただし全体的に傾斜があるので、場所をよく確認する方がいい。比較的傾斜がマシなのは多目的アリーナとトイレの近くだろう。

駅舎の一画には、山梨名物「吉田うどん」が食べられる軽食コーナーがある。

吉田うどんは、讃岐うどんと違って太くてコシがなく、関西人の口にあうかどうか自信がない。もちろん筆者は完食できず…(笑)。まだ「ほうとう」の方がいい。

売店にはその「ほうとう」がしっかり品揃えされている。ここは園芸品なども置いてあり、意外な 掘り出し物が見つかるかもしれない。

当たり前のようにドカンと置いてあるゴミ箱(笑)。

観光資料もこの通り、しっかりと揃えてある。

なおこの道の駅には、富士山ビールのブルワリを兼ねた本格的なレストランもあり、食事施設は充実している。さらに隣はモンベルなので、寒い時はすぐにダウンジャケットが手に入るだろう(笑)。

さらにここは、富士吉田の市街に近いので、大型スーパーはもちろん、ホームセンターからファミリーレストラン、しいてはユニクロまで、万一車中泊で足りないものが出た時でも困ることはない。

その意味では富士五湖エリアにある道の駅ではもっとも利便性に優れている。

最寄りの温泉施設は、クルマで5分ほどのところにある「紅富士の湯」。下の公式サイトから10%OFFの割引きクーポンがダウンロードできるので、プリントして持参するといい。

紅富士の湯 公式サイト
☎0555-20-2700
営業時間:10:00~20:30(閉館21:00、12月~翌3月の土・日曜、祝日は6:00~)・火曜定休(祝日の場合は営業、7・8月は無休)
料金:800円

最後に。富士山に興味がある人に、絶賛お勧めなのが隣接するこの「富士山レーダードーム館」だ。

日本の気象観測に欠かせない存在であった富士山レーダーを移設し、体験学習施設として公開している。シアターでは、NHKのドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」の第1回放送「巨大台風から日本を守れ 富士山頂・男たちは命をかけた」を元に制作された映像作品「世界最大のレーダー建設~富士山頂9,000人のドラマ~」を放映しているほか、富士山レーダー建設当時の気象庁職員で、後に作家として活躍した新田次郎のゆかりの品や著書を展示している。入場料はおとな610円。

「芙蓉の人」ほか何冊かの作品を持つ筆者は、二度このミュージアムに足を運んでいる。ちなみに一度は2月23日(富士山の日)で入館無料だった(笑)。

広い駐車場があるが、こちらは5時半で閉められる。

日本クルマ旅100選・富士山 Contents

富士山Contents

よくわかかる、世界文化遺産「富士山」

世界文化遺産「富士山」の見どころ 一覧

富士山周辺の車中泊スポット 一覧

富士山 全記事リスト

スポンサードリンク