新しい温泉卵の食べ方 城崎ジェラードカフェchaya 


城崎ジェラードカフェchayaは、外湯めぐりの1つ「御所の湯」の道向かいと、城崎温泉街の一番奥に位置する薬師公園ポケットパークに2件の店を構えている。今日紹介するのはそのうちの後者。写真の足湯の向こうに見えるお店だ。

 城崎温泉

この店の人気アイテムは、店名にもなっている「城崎ジェラード」… と思いきや、実は自分で茹でて食べる温泉卵なのだ。スグ横に源泉が噴出すロケーションも効果的で、なかなか商売がうまい(笑)。

kinosaki_10.jpg

しかし、なんといってもユニークなのは、その食べ方だろう。 

温泉卵

味は想像通り、ごくありふれた「温泉卵」だが、こうして殻の上部をカットしてスプーンで食べると、ちょっとイケてるデザートに見えてくるから不思議、不思議。

ただし、テイクアウトのテーブルには塩が置かれていないので、まず殻を切ったら塩を振り、席に着いたらスプーンでまぜまぜしてからお口へ運ぶ… 正直、ここで食べないと「美味い気分」にはなれない類のモノかもしれない(笑)。

kinosaki_8.jpg

卵はネット入りで3個300円から。
そのまま先ほどの茹場にチャポンと漬けて待つこと10分…

城崎ジェラード

その間を利用して、城崎ジェラードを戴くことに。選んだのは「よもぎ黒豆」。ジェラード本体の甘みを抑えてあるので、ヨモギの風味がはっきり分かり、黒豆の甘さが引き立つ上品な味わい。観光地にしては上出来だ。

 ゆで卵

さて注目は卵の開け方。こんな便利なアイテムがあろうとは知らなかった。

kinosaki_6.jpg

ギュッと握れば、ご覧の通り。
パートナーを喜ばせるには、実に「安上がり」な演出である。
ぜひ旅の余興に、ご利用あれ… 

城崎ジェラートカフェChaya
営業時間:9:30~17:30・木曜定休

城崎温泉の見どころ・食事どころをまとめてご紹介

城崎温泉の総合案内はこちら。

城崎温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする