特別天然記念物が間近で見られる、コウノトリの郷公園


豊岡市は1971年に絶滅した日本のコウノトリの最後の生息地で、絶滅前から町をあげてその保護と繁殖に取り組んできた。努力が実を結んだのは2007年。43年ぶりに野生下でヒナが誕生する。2012年には野生の両親からも雛が誕生し、野生復帰が進む豊岡ではダイナミックに空を舞うコウノトリの姿が見られる日が増えてきた。

県立コウノトリの郷公園

県立コウノトリの郷公園は、そのコウノトリの保護・増殖、野生復帰に取り組む拠点の施設で、園内では間近にコウノトリを観察でき、自然環境への関心を深める場となっている。

コウノトリの郷公園

隣接する無料駐車場は野外トイレがあり、早朝からやってくる野鳥観察者のために24時間開放されている。

駐車場の奥は路線バスのロータリーになっており、観光バス用の駐車スペースもあるので大型のキャンピングカーでも安心だが、休日は早朝から一般の観光客がやってくるので、のんびりできる環境ではない。朝が来たら早めに出発することをお勧めする。

バザールタウン豊岡

バザールタウン豊岡にも近く利便性は高い。温泉は城崎温泉が一番近いようだ。

兵庫県立コウノトリの郷公園
〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺128
☎0796-23-5666
営業時間 : 9時~17時・月曜定休

城崎温泉の見どころ・食事どころをまとめてご紹介

城崎温泉の総合案内はこちら。

城崎温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅