城崎温泉の車中泊事情


温泉街はひとつの旅館、道が廊下、外湯はお風呂。

これは古くから城崎温泉に伝わる格言である。開湯以来、外湯巡りのお客様を大事にしてきた城崎温泉は、巨大なホテルが立ち並び、激しい設備競争を繰り返しては、宿泊客の独占を図ろうとする温泉地に比べると、はるかに開放的で居心地がいい。

城崎温泉

その城崎温泉街には3箇所のリーズナブルな豊岡営駐車場を含めて、6箇所の有料駐車場があり、そこに泊まって外湯めぐりを楽しむことが可能である。

kinosaki02.jpg

 ただし、どの駐車場も収容台数が十分とは言えず、24時間出入りができるわけではない。また駐車場内にトイレがあるのは、温泉街の一番奥に位置する上の写真の「城崎鴻の湯駐車場」だけだ。
市営駐車場はどこも料金とシステムは同じで、共通して料金ゲートの屋根が低いため、キャブコンのキャンピングカーは入ることができない。

kinosaki04.jpg

とはいえ、観光バスを受け入れている民間の平面駐車場があるので心配御無用。このあたりはさすがに関西、対応が柔軟だ(笑)。

気比が浜ふれあいキャンプ場

 また城崎温泉から10キロ圏内にも車中泊の好適地がある。特にお勧めなのは無料の気比が浜ふれあいキャンプ場で、そこなら鮮魚やカニを買って、車外で自炊をしても構わない。

駐車場

また玄武洞公園とコウノトリの郷にも、車中泊ができる「無料駐車場」がある。

スーパートヨダ

こちらは城崎温泉街にある食品スーパーの「TOYODA」。コンビニプラスアルファ的な品揃えなので、自炊をする人は事前に豊岡市内で買い出しをしていく方がいい。

バザールタウン

バザールタウン豊岡店は、大阪方面から行く道中では一番分かりやすい大型店になる。

城崎温泉のコンビニ

なお、城崎温泉街のコンビニは、壱の湯と地蔵湯の前にファミリーマートがある。

居酒屋

最後に外食には寿司屋や蕎麦屋、あるいはお好み焼き屋さんなどがあるので不自由はしない。また夜は庶民的な居酒屋が店を開けている。

 城崎温泉の車中泊スポット一覧ページはこちら。

上のページから、ここで紹介した全ての駐車場の詳細ページに進むことができる。また下のバナーからは、城崎温泉の「外湯」と「見どころ・食べどころ」を詳しく紹介しているページに飛べる。

城崎温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅