休日前は「夜間も満車が普通」。道の駅草津運動茶屋公園

草津運動茶屋公園は、全国から多くの温泉客が訪れる群馬県の草津温泉街の近くにある道の駅で、1998年のオープン以来、20年を経た今でも車中泊の旅人に愛されて続けている。

筆者は2008年からこの道の駅を定期的に見てきたが、相変わらず週末はもちろん、平日でも季節の良い時期は、昼夜を問わず満車になる。

車中泊の旅人に人気のある駐車場はどこでもそうだが、この道の駅も「マナーの悪さ」に苦しめられてきた経緯を持つ。

しかし現在は、誰もが納得の行く2つの方法で、それを見事に解決している。

そのひとつはこの表示。以下はその転記になる。

●一時的な休憩、案内所の利用、買物、お手洗いの使用以外、期停泊長期駐車はご遠慮ください。
●長時間のアイドリング、空吹かし、花火、直火、火気器具の使用、夜間の大声や騒音、建物からの電気の引き込み、白線外駐車、テント、タープ、テーブル等クルマの駐車以外の使用は禁止とさせていただきます。

一見すると仰々しいが、大事なことは「このルールさえ守れば、車中泊ができる」ということ。もちろん、常識人には当たり前の内容ばかりだ。

ただし、それはマップの上部に当たる「第一駐車場」に限られている。

場内マップの通り、道の駅草津運動茶屋公園にはベルツ記念館側にも駐車場があるのだが、夜間遅くまで駐車場で騒いだ人がいたことで、周囲の旅館から苦情が出た。そのため以降は「車中泊禁止」という措置が取られている。

当初は先の掲示板に「この駐車場は騒音等の問題から夜間駐車は禁止となっております」と追記したものが立てられていたのだが、効果がなかったのだろう。その後すぐに、ご覧のクルマ止めで第2、第3駐車場には入場そのものができなくなった。

ということは、道の駅の紹介に書かれている駐車台数99台のうち、車中泊に使えるのは半分以下、せいぜい30台程度というのが実態だ。

とはいえ、24時間利用できるトイレがある駐車場は、他の道の駅と同じように開放しており、苦肉の策とは云え、うまく対応しているほうだと思う。

冒頭にも書いたが、これなら誰もが納得の行く方法といえるだろう。

ただし、そのことを知らない車中泊の旅人はたくさんいる。

ゆえにこういう光景は日常茶飯事。

草津温泉の車中泊事情を調べもせずにやって来るのだから、同じ国道292号沿いに、無料で車中泊ができる広々とした駐車場があることに気がつかないのは、当然といえば当然だ(笑)。

筆者が云う「もうひとつの誰もが納得の行く方法」とは、その広い無料駐車場を開放していること。

草津温泉では「西の河原露天風呂」および「草津国際スキー場」の利用者向けという名目で、収容可能台数300台と草津温泉屈指のキャパを誇る「天狗山第一駐車場」を、24時間無料開放(冬季有料)している。しかも、かつてはトイレが遠かったが、今は駐車場内に新設され、格段に便利になっている。

もちろんここでの車中泊がOKとは明言していないが、夜半にやってくるスキーヤーや、道の駅からあぶれた旅人の「受け皿」を兼ねているのは明らかだ。

天狗山第一駐車場に関する詳細記事はこちら

道の駅には観光案内所があるので、初めて草津温泉に行く人は最初にここを訪ねて、「草津温泉のマップ」を手に入れよう。温泉街の近くでは、バスターミナルにも観光案内所はあるが、無料の駐車場がないので苦労する。

この道の駅にはゴミ箱がある。ただし、夜間は店内に収納されるため使えない。とはいえ、朝8時過ぎには再び外に置かれるので利用はしやすい。

【道の駅 草津運動茶屋公園 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△ 普通車:99台うち車中泊ができるのは約30台
3.ゴミ箱の有無=△ 夜間は利用不可
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=△

スーパーマーケットの「もくべえ」までは約800メートル。ただし坂道なので歩くのは厳しい。また「もくべえ」の近くにはセブンイレブンもある。

【最寄の入浴施設】
大滝乃湯 ☎0279-88-2600 無料駐車場あり(100台)
入浴時間: 9:00~20:00(閉館21:00)
定休日: 不定休(12月に休館日あり)
料金: 大人800円・子供400円

※距離で云えば「御座之湯」のほうが近いが、駐車場はない。

草津温泉 車中泊旅行ガイド 目次

草津温泉の概要と主な見どころ

「裏技」を含む、草津温泉の駐車場の上手な利用法

温泉入湯レポート一覧

草津温泉の食べどころ・土産品紹介

草津温泉の車中泊事情

車中泊スポット一覧 

草津温泉周辺の見どころ

志賀草津高原ルート

万座温泉

全記事リスト ※車中泊スポット除く

スポンサードリンク