道の駅と展望台ができた、 「あまるべ鉄橋」


余部(あまるべ)橋梁は兵庫県の日本海に面した松葉ガニで有名な香美町にある鉄橋で、JR山陰本線の鎧駅と餘部(あまるべ)駅との間に位置している。鉄橋は全長309.4m、橋脚の高さ41.5mで、トレッスル式鉄橋としては日本一の規模を誇り、山陰本線の名物といわれてきた。

あまるべ鉄橋

着工は明治42年12月。アメリカより輸入した鉄材を使い、当時最高の技術を駆使して、明治45年1月に完成した。同年3月1日、香住~久谷(新温泉町)間の運行が開始され、山陰本線は全線開通となった。工事には、33万1,000円の費用(現在地に現橋梁と同じものを建設する場合の工事費用概算:42億円)と工夫25万人を要したという。

 

amarube_5.jpg

 その余部橋梁が全国民に知られるようになったのは、昭和61年12月28日のこと。
福知山発浜坂行下り回送列車が余部鉄橋を走行中、最大風速約33m/sの突風にあおられ、客車7両が約41m下に転落。水産加工場と民家を直撃したのだ。この事故により、乗務員や下の水産加工場で働いていた従業員に10名以上の死傷者が出た。

転落したのは山陰お買い物ツアーの臨時お座敷列車。幸いにも176名の乗客が香住駅で下車した直後の出来事だった。この悲惨な事故をきっかけに、風速による運行規制は引き下げられたが、今度は冬季の列車の遅延・運休本数が大幅に増加し、列車運行の安全性と定時制の確保が大きな課題として浮かび上がった。その結果、2007年3月からの架け替え工事で、旧余部橋梁は解体され、2010年8月に新しい現在のかたちとして生まれ変わった。

 あまるべ鉄橋

さて…以前は餘部駅の裏山には展望所が設けられており、日本海を背景に余部橋梁が一望できる撮影ポイントとして多くの人が訪れていたが、展望所は橋梁の架け替え工事に伴って2008年(平成20年)4月6日以降、一時閉鎖されていた。

余部鉄橋

しかし、橋梁切替時期から再開を望む声が多く寄せられ、補修工事後の2010年11月3日に再び展望所は開放された。さらに平成25年5月には、余部鉄橋の西側(餘部駅側)の3橋が展望台「空の駅」としてオープンしている。

amarube_7.jpg

ちなみに余部駅は、同じ兵庫県内に姫新線の余部(よべ)駅があるため、それと区別するため漢字を変更し「餘部駅」にしたとされている。

道

このあたり一帯は、2010年10月に世界ジオパークとして認可され、新しい観光地として注目を浴びている。鳥取砂丘から城崎温泉方面に行く途中で、たぶんクルマはこの鉄橋をくぐるはずだ。気が付いたら、休憩がてらに展望所へあがってみよう。

道の駅

さて。あまるべ鉄橋の下には以前から駐車場とトイレがあったが、2012年7月に道の駅に登録された。食堂や直売所も作られ、随分雰囲気は変わっていた。

香住カニ場まつり

毎年11月に開催される「「かすみカニ場まつり」」の際には、ここで車中泊するのも悪くはないだろう。

香住観光協会オフィシャルサイト

道の駅あまるべ
〒669-6671 兵庫県美方郡香美町香住区余部1723-4
☎0796-20-3617

最寄りの温泉
七釜温泉 ゆ~らく館 ☎0796-83-1526
入浴料:大人500円
営業時間:9~22時(受付は~21時15分) ・ 第1・3水曜定休 

 

<関連サイト>

城崎温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅