由岐神社 京都・鞍馬


大己貴命と少彦名命を主祭神として「由岐大明神」と総称し、八所大明神を相殿に祀る。

もともと由岐大明神は京都御所に祀られていたが、天慶元年に都の大地震、天慶2年には平将門の乱(天慶の乱)と相次ぐ世情不安に、天慶3年(940年)の9月9日、当時の朱雀天皇の詔で御所の北方にあたる鞍馬に天下泰平と万民幸福を祈念し遷宮された。鞍馬寺の仁王門から10分ほど石段を登ったところにある。

由岐神社/京都・鞍馬

遷宮の際には、鴨川に生えていた葦で松明を造り、道々に篝火を焚いて神道具を先頭におよそ1キロにも及ぶ行列ができたという。

鞍馬の火祭り

鞍馬の人々はこれに感激し、この儀式と由岐大明神の霊験を後世に伝え守ってきたのが、有名な火祭の起源だ。

 

由岐神社/京都・鞍馬

戦国時代には豊臣秀吉の厚い信仰を受け、慶長12年には豊臣秀頼によって本殿と拝殿が再建された。
特に拝殿は中央に通路をとった割拝殿という珍しい様式で、桃山時代の代表的建造物として、現在は国の重要文化財に指定されている。

由岐神社
京都府京都市左京区鞍馬本町
☎075-741-1670

京都の車中泊・クルマ旅のガイドはこちらに詳しく記載

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー