道の駅 桜の郷荘川 (桜香の湯)


 

東海北陸自動車道の荘川インターのほぼ真下にある道の駅。収容台数141台とかなり大型の施設で、奥には荘川が流れ、その脇にはデッキテラスも設けられている。

デッキテラス

車中泊の場合、クルマはできるだけ奥に停める方が静か。国道沿いは通行量も多く騒々しいと思われる。飛騨白山と同様、近隣にはスーパーはないが、このあたりは蕎麦が有名だ。

温泉

 併設の「桜香の湯」は、高温・自噴の温泉。良質のナトリウム炭酸水素塩泉で、効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛等。

道の駅 桜の郷荘川 

また、売店では春は山菜、夏は高冷地野菜等旬のものや、荘川村の特産品を販売している。

 

荘川桜

 御母衣ダムを見渡すかのようにたたずむ、樹齢450年の2本の桜が有名な荘川桜。ダム建設の際に移植された老木で、毎年4月下旬から5月上旬に見事な花を咲かせている。道の駅からは白川郷方面に5分ほどのところだが、その時期は観光バスなどでごったがえしている。

 荘川桜の詳細ガイドはこちら。

【正式名称】
道の駅 桜の郷荘川
【駐車台数】
普通車:141台
【最寄の入浴施設】
桜香の湯
10:00~20:30(営業時間)季節により変動。
定休日:木曜日(祝日の場合、翌日)
入浴料 大人700円・小人(小学生)300円 障害者630円 幼児無料 JAF割引あり

稲垣朝則の世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする