「キャンピングカー」タグアーカイブ

温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」

「温泉大国」ニッポン

2013年に日本温泉総合研究所が発表したデータによると、国内には3,108ヶ所の温泉地があり、温泉施設の数は21,471軒にのぼる。

乳頭温泉

さらに、そこでの年間延べ宿泊者数は120,061,329人… 実に日本の総人口を上回る1億2千万以上もの人々が、温泉宿に泊まって心身を癒しているというわけだ。それを考えれば、「温泉めぐり」をライフワークにしている人がたくさんいるのも頷ける。

ちなみに、全温泉施設を1年でめぐるには1日あたり約59軒、もし1日1軒づつなら、実に59年もの歳月を要する。すなわち完全制覇は限りなく不可能に近い偉業だろう。

続きを読む

車中泊(キャンピングカー)の温泉旅事情

車中泊は温泉旅における「万能の宿泊手段」ではない。

そもそも「温泉」という言葉の意味は広い。
初めて耳にする「●●温泉」が、別府温泉のように複数の温泉地からなる「温泉郷」なのか、城崎温泉のようにひとつだけの「温泉街」なのか、はたまた青荷温泉のようにたった一軒の「温泉館」なのか…

さて、貴方には分かるだろうか。

西の河原露天風呂

加えて、そこに日帰りで寛げる共同温泉があるのか、車中泊のできる駐車場はあるのか… 往々にして、そういう情報は湯煙の向こう側に隠れている。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%93

さらに秘湯ともなれば、道中は4WDでなくても行けるのか、道の上に枝が覆いかぶさってはいないのか… 特にキャンピングカーには、常にアクセスがらみの不安がつきまとう。
かように、実は「知りたいことが容易に見つからない」のが、今の車中泊による温泉旅の実情なのだ。

%e8%8d%89%e6%b4%a5%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%ae%e9%81%93%e3%81%ae%e9%a7%85

にもかかわらず、目指す温泉地の車中泊事情を知らないまま出かける旅行者は後を絶たない。

たとえば、上の写真は草津温泉に最寄りの道の駅だが、この道の駅の第二・第三駐車場は「夜間利用禁止」になっている。つまり道の駅ガイドに書かれた駐車台数の約半分しか車中泊には使えない。それを知らずに夜遅く到着するから、このようなことになるわけだ。

%e8%8d%89%e6%b4%a5%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%81%ae%e9%81%93%e3%81%ae%e9%a7%852

しかしそれは、100%旅行者に非があるといえる話だろうか。もちろん当事者にも、「車中泊なのだから、行けば現地でどうにかなるだろう」という甘い考えがあるのも確かだが、片やでは今記したような各温泉地の「車中泊事情」に関する情報が、圧倒的に不足している。

上手い下手は別として、温泉紹介や入湯レポートはインターネットを見れば既に有り余っている状態で、正直なところ検索の邪魔になるページも多い。なんとかそういうページをかわして、こういう情報サイトを見つけたい思っているのは、筆者だけではないはずだ。

続きを読む

オートパッカーに適したクルマ

 

ホームページの「オートパッカーとは…」の中でも書いている通り、このスタイルでクルマ旅をするには、着替えとキャンピングギアに加えて、釣り道具や登山用品を積んだまま車中泊ができる圧倒的な荷物搭載力を持ち、かつバックドアキッチンが組めるクルマが必要だ。となると、必然的に車種は決まってくる。

続きを読む

城崎温泉,パークステーション

城崎温泉で大型キャンピングカーが停められる駐車場 パークステーション城崎町湯島第一

 

城崎温泉の外湯「鴻の湯」の隣に作られた民間の駐車場で、インターネットではほとんど紹介されていない「穴場」だ。筆者は2010年に8年ぶりに城崎温泉を訪ね、この駐車場ができていることを知った。

料金表

料金設定は絶妙だ(笑)。
平日は町営駐車場の半額なので、こちらがお勧めになる。しかも24時間出入りができるので、夜間に城崎温泉に到着するような場合でも、ここには入れる。

休日は、ロープウェイ乗り場に近い民間駐車場より安く設定され、夜間は民間駐車場に合わせている。大型のキャンピングカーの出入りも可能で、これから判断するに、オーナーは車中泊に精通しているか、なかなかのキレ者であろう。見事なパラサイトのビジネス例だ。

●料金:平日はオールタイム100円/2時間、土日は9時~7時が600円/2時間、7時から翌朝9時までは100円/1時間
●台数:約20台
●利用時間:24時間

 城崎温泉 パークステーション

大型車を想定したゲート。駐車場の敷地内にトイレはないが、奥に見得ている鴻の湯駐車場の横にキレイな水洗トイレがある。

 

城崎温泉

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅