「滋賀県」タグアーカイブ

サラダパンを、いっそう美味しく食べる方法

サラダパンは、滋賀県長浜市木之本町にある「つるやパン」のオリジナル商品で、当初は無名に近いローカルフードだったが、「ご当地グルメ」のブームにより、滋賀県の変り種パンとしてマスコミに取り上げられるようになった。

つるや

続きを読む

長浜

黒壁スクエアの本当の見どころ 滋賀県長浜市

 

伝統的建造物群を生かしたスポットとして、観光バスが途絶えることのない滋賀県湖東随一の観光地。それが有名な「黒壁スクエア」だ。

 

黒壁ガラス館

ここは明治33年に建てられた国立第百三十銀行跡を利用したガラスのアートギャラリー「黒壁ガラス館」と、アーケードの中にあるチョコエッグファン必見の「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」がお客をつかんでいる。
つまり広場や通りの景観ではなく、ショップが人気を支えているというわけだ。

黒壁スクエア

黒壁スクエアは、北国街道と大手門通りの交差点である「札の辻」の周辺を指し、江戸時代から明治時代の和風建造物を活用した美術館、ギャラリー、あるいはレストラン、カフェなどが集積している。

通り

しかし、どの通りにも電線が縦横無尽に張り巡らされており、町並みの写真を粋に撮るのは不可能に近い。

黒壁スクエア

それもあって、伝統的建造物群とはいうものの、歴史よりも若者相手の世俗化した観光地というイメージの方が、筆者には強いのだろう。

 

大通寺門前町

また、歴史に関心がある人が陥りやすいのは、黒壁スクエアが秀吉築城当時の「伝統的建造物群」の中心にあると錯覚してしまうことだ。もちろんガイドブックや観光案内には、そんなことはひとことも書かれていないのだが…(笑)。

秀吉が築いた長浜城下町の面影は、黒壁スクエアから少し離れた「ながはま御坊表参道」あたりにある。

大通寺

上の写真の門前町の奥に建つ大通寺の台所門は、長浜城の大手門を移したものと伝えられ、本能寺の変の後、明智軍が長浜城を攻めた戦の弾痕の跡が門の扉に残っている。

 

 

 秀吉が初めて初めて築城した、長浜城の詳細ガイド

 

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

道の駅竜王かがみの里

近江八幡・安土に近い道の駅 竜王かがみの里

 

国道8号沿いにある道の駅で、水郷めぐりや江戸時代の古い町並みが残る近江八幡から一番近い場所にある。町が開けた湖東には、車中泊のできる無料駐車場が少ないだけに、クルマ旅は道の駅が主な車中泊地になるだろう。

近江八幡

 

ここは「可もなく不可もない」という言葉が似合う道の駅だが、駐車場は広くてフラット、そして休憩所は広く、Wifiが無料で使える点はありがたい。

休憩室

 

道の駅 竜王かがみの里
〒520-2573滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡1231番地26
☎0748-58-8700
■駐車台数:普通車70台
■ゴミ箱の設置:あり

ゴミ箱

■最寄の入浴施設:蒲生野の湯

 

 

 

 

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

マキノサニービーチ

冬は無料で使える マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場

 

琵琶湖の湖西にあるマキノ・サニービーチは、高木浜と知内浜に分かれているが、琵琶湖湖畔のオートキャンプ場で一番人気があるのは、たぶんこの高木浜だろう。写真がそれを物語っている。

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場

だが、マキノ・サニービーチは駐車場も有料で、4~11月の間は見学に近づくこともままならない。

駐車場

 

しかし冬は別だ(笑)。12月から翌年3月までは駐車場もビーチも無料開放され、車中泊が可能になる。

入口

いつもいつも、こういう景色ではない。

雪

雪のない日は、ほとんど貸切状態の琵琶湖が楽しめる。

シェルター

 

マキノサニービーチ高木浜オートキャンプ場
〒520- 1812滋賀県高島市マキノ町西浜
☎0740-28-1206
■最寄の入浴施設:マキノ高原温泉さらさ

 

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー

道の駅 藤樹の里あどがわ

琵琶湖の湖西で一番便利な道の駅 藤樹の里あどがわ

 

名神高速道路の京都東インターから湖西道路に乗り、マキノ方面に向かう途中に見える巨大な道の駅で、湖西ではダントツ便利な立地に建つ。しかも敷地内にコンビニを併設しているのはありがたい。コンビニは当初はサンクスだったが、現在は24時間営業のローソンに変わっている。

コンビニ

さらに国道161号を挟んで、歩いて行ける向かいには、大きなスーパーの平和堂もある。

平和堂

そのため近畿圏外から琵琶湖に旅に来る人には、お勧めの車中泊スポットと言えるだろう。

 

 

 

雪

特に冬は、こういうことがあるのが琵琶湖だけに、ノーマルタイヤの人は、迂闊に湖岸の無料駐車場では寝ない方がいい(笑)。ここなら水も食糧も手に入る。

道の駅 藤樹の里あどがわ

駐車場は広くてフラット。車中泊にお勧めなのは駐車場の中央あたりで、トイレの近くはトラックの駐車スペースに近いため騒々しい。

 

雪

近くには一つ前の記事で書いた、道の駅しんあさひ風車村があり、そちらは湖岸に近い静かな立地だ。ただし周辺に商業施設が全く無いため、利便性はかなり劣る。

道の駅 藤樹の郷あどがわ
〒520-1221滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1
☎0740-32-8460
■駐車台数:普通車100台
■ゴミ箱の設置:あり

ゴミ箱

■最寄の入浴施設:比良とぴあ

 

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

オートパッカー

ザ・キャンピングカーライフ

大人の車中泊

サブバッテリー