「道後温泉」タグアーカイブ

にきたつ庵

道後温泉の隠れ家的日本料理店 「にきたつ庵」 

熟田津(にきたつ)とは、道後温泉付近にあった港(船着き場)のことだが、大化の改新当時の歌人で、天武天皇の妃であった額田王(ぬかたのおおきみ)が詠んだ万葉集収録の和歌にも、枕詞として登場する。
道後温泉には聖徳太子が病気療養のため滞在したという記録が残されているが、太子の姪にあたる額田王が、この地に足を運んでいたとしても、それはさほど不思議なことではあるまい。

続きを読む