「駐車場」タグアーカイブ

道後温泉の駐車場と車中泊事情

道後温泉本館の前にある公営有料駐車場。基本的には本館利用者の為のパーキングだが、料金には「泊まり」の設定があり、24時間使用できるトイレもあるので、今のところは特に車中泊を禁止としているようではなさそうだ。筆者は過去に5度、ここで車中泊をしているが未だ注意をされたことはない。

続きを読む

沢渡第二駐車場

上高地行きのベスト車中泊スポット  沢渡・松本市営第2駐車場/長野県・松本市

 

沢渡(さわんど)は、安房トンネルを挟んで長野県側にある、上高地行きのシャトルバス乗り換え地区の総称で、近頃は沢渡地区と呼ばれることもあるようだ。
ご承知の通り、上高地は通年マイカー規制を実施しており、アクセスするには沢渡地区か岐阜県側の平湯温泉にある、あかんだな駐車場でシャトルバスへの乗換えが必要になる。 

 

北アルプス涸沢

上高地は河童橋周辺を散策する人だけではなく、穂高や槍ヶ岳を目指す登山者にとっても通り道になるため、夜明け前に出る始発バスへの乗車を目指して、深夜にもかかわらず、日本全国から続々とマイカーが集まってくる。

あかんだな駐車場

だが、平湯温泉にあるあかんだな駐車場は、夕方6時から朝4時まで駐車場を閉鎖しており、新しく開通した東海北陸自動車道を利用して大阪方面からやってくる登山客は、本当に不自由で歯がゆい思いをさせられている。

沢渡第2駐車場

 それに対し、24時間体制で利用客を受け入れているのが沢渡の市営駐車場である。しかも、ただ開いているだけではなく、サービス全体を比べても、温泉街のある平湯とはかなりの温度差があり、上高地へ行くのに車中泊をするなら、沢渡側がお勧めだ。

 

沢渡第2駐車場

沢渡地区には大小あわせて14件の駐車場があるが、その中で最大規模の600台を収容できるのが、この松本市営第2駐車場だ。

沢渡第2駐車場

この大駐車場は、「さわんど温泉 湯の郷公園」を兼ねており、写真の足湯が24時間無料で利用できる(駐車料金は1時間まで無料)。またトイレはバリアフリーになっているなど、施設は建て直しが図られ、きれいにリニュアルされている。

 沢渡第2駐車場

ただし、ほぼ全ての場所に緩やかな傾斜がある。なお自炊がしたい人は、私営の梓第1駐車場と沢渡大橋駐車場に炊事場が完備されている(料金は同じ)。ここは禁止ではないようだが、水場やゴミ箱までは用意されていない。

 

沢渡第2駐車場

 現在の上高地は、平湯も沢渡地区もタクシー料金を定額化している。これにより、どこの駐車場からでも同じ料金で行くことができるようになった。また相乗りしたい場合は、運転手さんが相手を新設に探してくれるので、荷物が多い場合は、バスよりもタクシーの方がお勧めだ。

 

沢渡第2駐車場

なお上高地が閉山となる冬季は、この第二駐車場のみが、釜トンネルからスノートレッキングを楽しむ人用に無料開放されている。

ただし冬は周囲の店も温泉も閉鎖されるため、逆に温泉街のある平湯に泊まる方が便が利便性は高い。あかんだな駐車場が冬季は閉鎖になるため、町中にある平湯バスターミナルの駐車場で車中泊が認められている。

 平湯

 

沢渡・松本市営第2駐車場

【駐車料金】
1泊2日¥1,200(1日600円)
【駐車台数】
600台

【最寄の温泉】
さわんど温泉 梓湖畔の湯
料金:大人(中学生以上)700円、小人300円
営業時間:7~20時(11~4月は8~18時)
休館日:無休 ※冬季は休館

さわんど温泉の詳細情報はこちら。
年間を通じて利用できるのは、坂巻温泉旅館(☎0263-95-2453)。なお、
駐車場内に建つ「しおり絵」では外来湯は受け付けていない。

 

上高地キャンプ&トレッキングガイドに戻る

信州・長野県のクルマ旅情報はこちらのページで。

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

城崎温泉 みなとや石油 駐車場

城崎温泉街では最大規模を誇る民間駐車場で、薬師公園ポケットパークの近くにある。日帰りツアーの観光バスのほとんどが、ここで待機をしているようだが、乗用車でも午後の混み合う時間帯は、ここか隣の城崎ロープウェイ駐車場しか空いていないことが多いようだ。

続きを読む

姫路城

まもなく終了。姫路城の修理と黒田官兵衛の特別展示

 

ご承知の通り、姫路城は世界文化遺産に登録されている「日本で唯一のお城」だ。

姫路城

2014年に放送されたNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」こと黒田官兵衛と、その後に城主となった羽柴秀吉が、この城から天下統一を成し遂げたため、当時の姿が現在の姫路城だと錯覚しがちだが、それは違う。

官兵衛の祖父と父である、黒田重隆・職隆父子が築城した姫路城は、秀吉の大改修により、石垣と三層の天守を持つ近代城郭へと変貌を遂げている。この時、あわせて城の南部に大規模な城下町が形成され、姫路は播磨国の中心地として整備された。

姫路城

現在の姫路城は、関ヶ原の戦いの後に城主となった池田輝政によって築かれたもので、秀吉の時代の天守はその際に取り壊されている。そのため、官兵衛と秀吉の時代の名残は、上山里曲輪の石垣などにかすかに残るだけである。

 

姫路城

そう思うと残念な気もするが、今の日本には江戸時代以前に建てられた天守が現存する城は、わずかに12城しか残っていない。
とりわけ秀吉と徳川家にゆかりの深い姫路城は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての建築技術の粋を極めた傑作とされ、軍事的・芸術的にもっとも完成された文化財として1993年12月、法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産に指定された。

 

平成の大修理

姫路城は明治・昭和・そして平成の3度にわたる「大修理」を受けているが、2014年12月現在は2009年から始まった「平成の大修理」の大詰めを迎えており、見学できる場所に規制が設けられている。修理が完結するのは2015年3月の予定で、既に天守は幕が外され見えるようになっているが、本丸にはそれ以降でなければ入場できない。

黒田官兵衛

なお、2015年1月10日までは「リの一渡櫓」で「官兵衛の歴史館」が特別展示されており、追加料金なしで見学できる。500円支払って見るNHKの「ドラマ館」よりもかなり内容はいいと思うので、この期間に間に合う人にはお勧めだ。

 

姫路城の駐車場

姫路城の周りには5つの公営駐車場があるが、もっとも収容台数が多いのは、姫路城に隣接する好古園の真正面にある「大手門駐車場」だ。ここは観光バスも停められるのでキャブコンでも大丈夫だろう。

姫路城周辺の公共駐車場 一覧

道の駅

最後に車中泊事情を。姫路城の近くには2つの道の駅があるが、お勧めは温泉とスーパーが隣接する、道の駅あいおい白龍城。姫路城から30分ほどのところにあり、この時期は美味しい牡蠣が食べられる。

道の駅あいおい白龍城の詳細ページはこちら
 
 姫路城から竹田城跡と出石を車中泊で巡る旅 ガイド

 

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅