美瑛・パッチワークの路 ガイド

車中泊やオートキャンプなど、マイカーで北海道を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
北海道フォトギャラリー
北海道フェリー
PostScript
■なぜ人はリピートするのか
■筆者と北海道
■北海道に関する寄稿誌一覧
coleman特集
 
 
リアル車中泊
 
 
 
 
美瑛の名所は、「パッチワークの路」と「パノラマロード」の大きく2つのエリアに分散している。
ややこしい話だが、「パッチワークの丘」と「パッチワークの路」は別物で、「パッチワークの丘」とは、美瑛一帯の下のような景色が見える場所の総称で、「パッチワークの畑」とか「美瑛の丘」とも呼ばれている。
つまり、「パッチワークの路」にも「パノラマロード」にも、「パッチワークの丘」は存在する。
 
ケンとメリーの木
 
さて、「パッチワークの路」は、1970年代後半の日本を一世風靡したCMロケ地として広く知られている。我々世代が憧れた「ケンメリ」、学生時代に初めて手にしたセブンスターとマイルドセブン、さらには親子の木やパフィーの木などの登場により、ここではいつしか「名のある木や丘」が主役になった。
 
正直なところ…
もはや当時の面影を失い、生きた化石とも言える名木巡りに、何度も時間を費やすのはナンセンスだと思う。しかしそれは、「既に見ている」から言えることであって、美瑛に限らず、「名所」と呼ばれるところには一度足を運んでみるだけの価値がある。
ガイドブックが何年にもわたって取り上げるからには、それなりの理由がある。
そんな世俗的なところ… と嘯くのは結構だが、一度も行かずにそう語るのは恥ずかしい。
 

上手な「パッチワークの路」のまわり方

一帯は広大な農場地域だけに、目印になる建物がほとんどなく、頼りのナビゲーションも目的地と道路だけしか表示してくれない。
すなわち、「行き当たりばったり」で出かけたのでは、広い丘の中で「彷徨える迷子」に陥るリスクが極めて高い。
貴重な時間を有効に使いたいのなら、特に美瑛では事前の情報収集は欠かせないだろう。
また、ここでは観光マップはさほど役に立たない。
もちろん、徒歩や自転車でまわることも不可能に近い。理由は上のページに詳しく記している。
※続きは有料コンテンツになります(200円)。アクセスしただけでは課金されませんので、お気軽にクリックしてみてください。
パッチワークの路
 

【パッチワークの路にある、主な見どころ】

撮影アドバイスとともにご紹介。
 
■ケンとメリーの木
1976年9月に、日産スカイラインの第4代目にあたる「ケンとメリー」のCM第15作「地図のない旅」編に使われたポプラの木。CMは若い男女のカップルがスカイラインに乗り、日本各地を旅するシリーズもので、
※続きは無料でご覧いただけます。
 

■セブンスターの木

ケンとメリーの木と並ぶパッチワークの路の双璧。かつては「北瑛の一本木」と呼ばれていたが、1976年に日本タバコの銘柄「セブンスター」のCMに採用され、以降セブンスターの木と呼ばれるようになった。
※続きは無料でご覧いただけます。
 
■マイルドセブンの丘
セブンスターのCM撮影から2年後の1978年、この丘で今度はマイルドセブンのCM撮影が行われた。場所はセブンスターやケンとメリーの木から離れているものの、丘の正面に並んだカラマツの防風林が
※続きは無料でご覧いただけます。
 

■親子の木

いつ誰がその名前をつけたのかは分からないが、大きな2本のカシワの木と、その間に挟まれた小さな木が、まるで親子のように見えることからそう名付けられたという。親子の木を撮るなら、
※続きは無料でご覧いただけます。
 
■パフィーの木 ※詳細記事なし

1997年に日本テレビ系で放送されたドラマ「ワイルドで行こう」の撮影で使われ、主演のパフィーにちなんで名付けられたという1対のイタリヤポプラの木。取り立てて美しいわけでもなく、標識も何もないので、その場所と木の形状を知っていなければ見つけることは難しいだろう。ドラマを見ていて、どうしてもこの木を見たいという人以外にはあまりお勧めしない。また前の未舗装の道路は、関係者以外は立入禁止。

 
 
さて… もう一度名前を思い出そう。ここは「パッチワークの路」である。
もともとは、連作防止のため、区画ごとに異なる農産物を植えていることからその名がついた。
大空と色違いの畑以外には何も見えないデッカイ光景。
しかも、その年にしか見ることのできない配色…
それはまさに旅人にとっての「一期一会」であり、あの前田真三が惚れ込み、後世に伝えたいと感じた「本当の美瑛の姿」である。1976年に撮影された「愛のスカイライン」のCMから、既に36年もの歳月を経た現在は、自分の感性を信じ、お気に入りと思える光景を探す方が、遥かに垢抜けた美瑛の巡り方だとは思わないか…
 
gpsカメラ
 
Nikon デジタルカメラ COOLPIX AW110 防水18m
美瑛のように目印がない場所で、お気に入りの場所を記録するのに欠かせないGPSカメラ。
撮影した写真をニコンの無料ソフトViewNX2で呼び出せば、グーグルマップ上に表示できる。
筆者が使うニコンのAW100(現行モデルはAW110)は、アウトドア用に開発された機種で、水中写真も撮影できる。
インプッション記事(無料)
gps
 
 
 
 
※こちらは「クルマで旅する北海道 富良野・美瑛」の「パッチワークの路」です。

クルマで旅する北海道 富良野・美瑛・旭川 コンテンツ

■富良野&美瑛トップページ
■ラベンダーファーム
■その他の富良野の見どころ
■パッチワークの路(美瑛)
■パノラマロード(美瑛)
■旭山動物園
■富良野&美瑛の車中泊情報
関連ページ
北の国から
 
★リピーターズ・サイド
北海道ガイド
■道東エリア 周遊ガイド
■道央エリア 周遊ガイド
■道北エリア 周遊ガイド
■道南エリア 周遊ガイド
富良野&美瑛
知床半島
礼文&利尻島
阿寒&摩周湖
釧路&根室
大雪山
ニセコ&積丹
日高&襟裳岬
大沼・函館
 
北の国から
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム  サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.