北の国から 時代背景

車中泊やオートキャンプなど、マイカーで北海道を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
北海道フォトギャラリー
北海道フェリー
PostScript
■なぜ人はリピートするのか
■筆者と北海道
■北海道に関する寄稿誌一覧
coleman特集
 
 
リアル車中泊
 
 
 
「北の国から」は1981年秋に放映が始まった。
日本経済史における1980年代初頭は、まさに「第二次オイルショック」の真っただ中にあたる。
 
オイルショックとは…
1970年代から80年代の日本を2度にわたって襲った、原油高騰に伴う大不況のこと。
【第一次オイルショック】
1973年10月に勃発した、第四次中東戦争による原油高騰が引き金となって生じた大不況。
中東戦争はユダヤ人国家イスラエルと周辺アラブ諸国間の紛争で、1948年から1973年までの間に大規模な戦闘が4度にわたって繰り返されている。
その当時の日本は、列島改造ブームによる地価急騰からインフレ状況に陥っていた。
そこにオイルショックによる便乗値上げが相次ぎ、インフレはさらに進行する。それにより1974年の消費者物価指数は23%の上昇率を記録した。
トイレットペーパーや洗剤の買い占めが横行し、「狂乱物価」という言葉はこの頃生まれた。
政府はインフレ抑制のために公定歩合の引上げを敢行し、企業の設備投資を抑制する政策へと舵を切った。東京オリンピックから大阪万博へと続いた日本の華々しい高度経済成長は、ここに終焉を迎えたのである。
 
【第二次オイルショック】
1979年のイラン革命により現地の石油生産が中断したため、イランから大量の原油を購入していた日本の需給が逼迫。加えて、1978年末にOPECが「翌1979年より原油価格を4段階に分けて計14.5%値上げする」ことを決定したため、第一次オイルショック並に原油価格が高騰した。
しかし、第一次オイルショックの経験を生かした日本は、経済に対する影響を最小限度に食い止めることに成功する。また幸いにも、第一次の頃ほど原油の値上げは長引かず、イランも石油販売を再開したことにより、危機的状況に陥る前に脱出を遂げた。
しかし一方では、アメリカの金融市場の混乱が深刻さを増しており、オイルショックを端緒とする不況は、米国経済が復調の兆しを見せる1983年ころまで長引いた。
 
 
オイルショックは、欧米諸国から「エコノミック・アニマル」と揶揄されながらも、破竹の経済成長を果たすことで溜飲を下げてきた日本人が、戦後初めて味わった挫折である。
しかもそれは努力や根性とは全く異質の外的要因から齎されただけに、働き盛りの企業戦士の多くは自信を失い、目に見えない「やり切れなさ」に、きっと心を痛めたことだろう。
 
そんな社会の変化をいち早く感じ、違う方向に「生きる意味」を見出したのは、団塊の世代の「一回り下」にあたる当時の若者と子供だった。
「北の国から」が船出をしたのは、「クルスタル族」あるいは「オレたちひょうきん族」に代表されるように、難しいことや堅苦しいことよりも、気軽で楽しいことに、若者の気持ちが傾倒しだした時代である。
案の定… ズシリとした重みを持つ「北の国から」は、スタート当初から苦戦を強いられ、視聴率も一時は1桁台に落ち込んだ。
 
「なんとなくクリスタル」とは…
当時、一橋大学の学生だった田中康夫氏(元長野県知事)が1980年に発表した小説(文藝賞受賞作品)。
東京に暮らす女子大生兼ファッションモデルの主人公・由利の生活を中心に、1980年当時の流行や風俗を独自の視点と文体で描写。東京で生まれ育った比較的裕福な若者しか理解できないブランドやレストラン、学校や地名などの固有名詞がちりばめられ、それぞれに筆者の視点を基にした丁寧な442個もの註・分析が書かれていることで話題を呼ぶ。同年には、かとうかずこ主演で映画化もされ、クリスタル族と呼ばれる情報通のおしゃれな女子大生を生み出した。
●●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●● ●●●●●
それに対して…
「北の国から」を楽しみに見ていたのは、黒板五郎と同じ「子育て世代」だったはずだ。
「北の国から」にはドラマと同様に我が子と気持ちが同化せず、仕事だけでなく子育てにおいても、ナーバスに陥っていた当時の30代から40代を勇気づける芯の強さが込められていた。
オシャレとは全く無縁の無骨で貧しい黒板家だが、その食卓からは卑屈どころか、むしろ力強さを感じさせる温もりが、ひしひしと伝わってきた。
 

実はその「厳しくも、ほのぼのとした団欒」こそが、高度経済成長の原動力となった世代が憧れ、夢見た家庭の姿だったと思う。分かっていてもその時間を持つことが許されなかった時代に生き、誇りと家族への懺悔の中で揺れる繊細な部分を鮮やかに射抜いた物語が、ハートを鷲掴みにしないはずがない。

当時、倉本氏は47歳。それは脚本家というよりもコンセプトメーカーであり、視聴者と同世代で富良野の実生活者でもある同氏が、確固たる自信と覚悟をもって描いた世界だったのだろう。
 
倉本氏は、後日それをこんなふうに語っている。
1982年1月5日 北海道新聞夕刊『北の国から愛をこめて』より 転記
都会は無駄であふれ、その無駄で食う人々の数が増え、すべては金で買え、人は己のなすべき事まで他人に金を払いそして依頼する。
たわいない知識と情報が横溢し、それらを最も多く知る人間が偉い人間だと評価され、 人はみなそこへ憧れ向かい、その裏で人類が営々とたくわえて来た生きるための知恵、創る能力は知らず知らずに退化している。
それが果たして文明なのだろうか。
『北の国から』はここから発想した…
 
ドラマの視聴率は尻上がりに上昇し、最終回は20%を突破、平均視聴率でも14.8%を記録する。
また視聴者から寄せられた投書は1万通を超えたという。
 
北の国から
 
 
 
 
※こちらは「北の国から 一味違うロケ地ガイド」の「その頃の日本」です。

北の国から 一味違うロケ地ガイド コンテンツ

■「北の国から」トップページ 
■その頃の日本
■その頃の富良野
■その頃の倉本聰
■ロケ地マップと着目点
■主なロケ地の紹介
■全作品のあらすじ(BSフジ)
 
 
★リピーターズ・サイド
北海道ガイド
■道東エリア 周遊ガイド
■道央エリア 周遊ガイド
■道北エリア 周遊ガイド
■道南エリア 周遊ガイド
富良野&美瑛
知床半島
礼文&利尻島
阿寒&摩周湖
釧路&根室
大雪山
ニセコ&積丹
日高&襟裳岬
大沼・函館
 
北の国から
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム  サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.