北の国から 倉本聰

車中泊やオートキャンプなど、マイカーで北海道を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
北海道フォトギャラリー
北海道フェリー
PostScript
■なぜ人はリピートするのか
■筆者と北海道
■北海道に関する寄稿誌一覧
coleman特集
 
 
リアル車中泊
 
 

倉本聰氏は、麻布中学校・高等学校、東京大学文学部美学科卒業後、1959年にニッポン放送に入社した。ディレクター・プロデューサーを担当するが、ニッポン放送在籍時に『パパ起きてちょうだい』で脚本家としてのデビューを果たす。

1963年にニッポン放送を退社後、東京でフリーとなったが、NHK大河ドラマ「勝海舟」の制作に際し、脚本家の演出関与の是非をめぐる問題がこじれたことで嫌気がさし、脚本を途中降板してしまう。そしてその日のうちに千歳空港へ飛び、そのまま北海道札幌市に転居する。
 
1976年、東京の下町を舞台にした萩原健一主演のドラマ『前略おふくろ様』により、ゴールデンアロー賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞し、1977年、富良野市に移住する。
「北の国から」を書いたのは、富良野に移住してから3年目。
富良野の自然の中で生活しているうちに、そして“旅人の目”がだんだん“住民の目”に変わっていくにつれ、都会の歪んだ生活が見えてきたという。
 
舞台を麓郷とする着想は、富良野に移住した倉本氏が、そこで林業を営んでいた中世古善雄さんと出会ったことがきっかけといわれている。
中世古氏は、奥さんとともにロケ地の提供や撮影への協力を献身的に行い続けた。倉本氏は彼を「北の国から」の全作品を通した最大の功労者と評し、「彼がいなかったら出来ていない」とも記している。
今は亡き… 地井武男が演じた中畑和夫は、この中世古氏をモチーフにしたキャラクターだ。


 
さて、このページに関する詳しい内容を知るには、2011年3月に出版された「獨白」(「北の国から」ノーツ)という本をご覧になるのが一番だ。そこには生々しいほどに、倉本氏本人の過去と、「北の国から」に対する想いが記されている。まさにファン必見の一冊といえるだろう。
 
「獨白」 〜「北の国から」ノーツ〜
 
 
この本の中にも書かれているのだが、倉本氏の脚本作りの凄いところは、登場人物のキャラクター作りにある。それは2000年に資料館を訪ねた時に、ある展示物を見て分かった…
 
そこに貼られていたのは、純と螢の母親、宮前玲子とおばさんにあたる雪子の履歴書である。
筆者は脚本を書いたことがないので、もしかするとドラマを書く場合は、どの脚本家もこういうものを作成するのかもしれない。しかしそれにしても、架空の人物の、しかもドラマにはおよぞ関係のない年齢にまで遡って、その人生を創り上げるというのは、気の遠くなる作業に違いない。
こうした水面下の作業を幾重にも重ねるからこそ、架空が実在に迫ってくるのだろう。
まさに職人気質というか、プロフェッショナルならではの仕事ぶりである。
 
 
 
 
※こちらは「北の国から 一味違うロケ地ガイド」の「その頃の倉本聰」です。

北の国から 一味違うロケ地ガイド コンテンツ

■「北の国から」トップページ 
■その頃の日本
■その頃の富良野
■その頃の倉本聰
■ロケ地マップと着目点
■主なロケ地の紹介
■全作品のあらすじ(BSフジ)
 
 
★リピーターズ・サイド
北海道ガイド
■道東エリア 周遊ガイド
■道央エリア 周遊ガイド
■道北エリア 周遊ガイド
■道南エリア 周遊ガイド
富良野&美瑛
知床半島
礼文&利尻島
阿寒&摩周湖
釧路&根室
大雪山
ニセコ&積丹
日高&襟裳岬
大沼・函館
 
北の国から
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム  サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.