富良野・美瑛のラベンダーファーム  まとめ

車中泊やオートキャンプなど、マイカーで北海道を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
北海道フォトギャラリー
北海道フェリー
PostScript
■なぜ人はリピートするのか
■筆者と北海道
■北海道に関する寄稿誌一覧
coleman特集
 
 
リアル車中泊
 
 
 
 

富良野から美瑛に至る一帯には、何件かのラベンダーファームが点在しているが、その中でも際立って美しい光景を見せているのが、ファーム富田の畑である。

だが、ここまでの道のりはけして平坦ではなかった。
その美しさには、生存を賭けた厳しい時代を乗り越えてきた自信と逞しさが宿っている。
葉よりも枝、枝よりも木、そして木よりも森を見ることで分かる「道理」がある。
富良野のラベンダーは、その良い例だ。
 

彩りの畑 ファ−ム富田

ファ−ム富田 ファ−ム富田 ファ−ム富田 ファ−ム富田
ファ−ム富田 ファ−ム富田 ファ−ム富田 ファ−ム富田
ポインターを写真に合わせると拡大表示されます。
毎年90万人もの人が訪れ、今や北海道を訪れる日本人のみならず、台湾、韓国、そして中国人もがその名を知る、富良野のラベンダー農園。それがこれから紹介する「ファーム富田」だ。

■ラベンダー農園「ファーム富田」の楽しみ方

 
ご存知ですか? もうひとつのファーム富田を。

■ラベンダーイースト

ファーム富田から、東へ約4キロ離れた上富良野町東中地区にある。もともとはラベンダーオイルやドライフラワーの生産のための畑だったが、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に観光農場としてリニュアルオープンされた。
<続きを読む>
ラベンダーイースト
 

その他のフラワーファーム

 
ここでは富良野と美瑛の主なフラワーファームを紹介している。
だがファーム富田を2時間かけてじっくり歩けば、「お花見」には十分満足できるに違いない。
以下は富良野に数日滞在し、のんびりと時間が過ごせる人に向けた内容である。
 

■佐々木ファーム 「彩香の里」

ファーム富田よりも西の山の手に位置する観光農場で、彩香と書いて「さいか」と読む。ラベンダー畑の総面積はファーム富田とさほど変わらないが、斜面のほとんどがラベンダーで覆われているため、
<続きを読む>
佐々木ファーム 「彩香の里」
 

■日の出公園

上富良野町の市街地にほど近い丘陵地に作られた大きな公園で、「かみふらの八景」のひとつに数えられ、「ラベンダーの愛の鐘」を鳴らすと、幸せが降り注ぐといわれている。
<続きを読む>
日の出公園
 

■かんのファーム

国道237号沿いに面する観光農園で夏の期間だけ開園する。花畑は国道からよく見える丘陵の斜面に作られており、車窓からでも開花状況がよく分かる。そのためシーズンには、通りがかりの観光客がひっきりなしに訪れるようだ。
<続きを読む>
かんのファーム
 

■ぜるぶの丘

美瑛から旭川へ向かう国道237号線沿いにあり、かんのファームと同じく国道からお花畑の様子がよく見える。国道から見上げた限りでは、さほど広いようには見えないが、実際には彩香の里に近い面積があり、
<続きを読む>
ぜるぶの丘
 

■四季彩の丘

正式名称は「展望花畑 四季彩の丘」。美瑛のパノラマロードが走る丘陵地に2001年の6月に開園した、約7haの総面積を誇るフラワーファームである。写真のロール君はこのファームのマスコット的存在なので、
<続きを読む>
四季彩の丘
 
【フラワーファーム以外で、ラベンダーが見られる施設】
農場ではないが、ラベンダー畑のある施設もご紹介。ここなら一石二鳥で美しい花も楽しめる。
 
ふらのワイン工場 ハイランドふらの かなやま湖畔鹿超園地 拓真館
左から

■富良野市民の夜景スポット ふらのワイン工場

富良野の町から2キロほど北西にある清水山に、「ぶどうヶ丘」と呼ばれる公園がある。その名の通り、ここにはぶどう畑と工場を含むワイン関連の3つの施設があり、さらに2010年には帯広に本工場を構える菓子メーカー六花亭のカフェ、「カンパーナ・デラ・ヴィーニャ 六花亭」が加わった。
<続きを読む>
 

■ラベンダーが見える温泉 ハイランドふらの

ラベンダー畑とレストランを併設する公共の宿泊施設で、島の下温泉とも呼ばれている。泉質は単純硫黄冷鉱泉で無味無臭。露天風呂からは、自慢のラベンダー畑が見えるため、夏はそれ目当ての利用客も多いようだ。
<続きを読む>
 

■かなやま湖畔鹿超園地

南富良野にある「かなやま湖」は、ダム建設によって作られた広大な人造湖で、カヌーや釣りを楽しむアウトドアスポットとして知られている。そのちょうど中央付近に整備されているのが「かなやま湖森林公園」で、
<続きを読む>
 

■前田真三写真ギャラリー「拓真館」

美瑛に行くなら、絶対「拓真館」に寄っておいで。筆者が初めてクルマで北海道に出かける前に、何人かの友人が口を揃えてそう言った…それから12年の歳月が流れたが、セミナーや書籍あるいはインターネットを通じて、筆者も金太郎飴のように同じ事を北海道に行く人達に伝えている
<続きを読む>
 
 
 
 
※こちらは「クルマで旅する北海道 富良野・美瑛」の「ラベンダーファーム」です。

クルマで旅する北海道 富良野・美瑛・旭川 コンテンツ

■富良野&美瑛トップページ
■ラベンダーファーム
■その他の富良野の見どころ
■パッチワークの路(美瑛)
■パノラマロード(美瑛)
■旭山動物園
■富良野&美瑛の車中泊情報
関連ページ
北の国から
 
★リピーターズ・サイド
北海道ガイド
■道東エリア 周遊ガイド
■道央エリア 周遊ガイド
■道北エリア 周遊ガイド
■道南エリア 周遊ガイド
富良野&美瑛
知床半島
礼文&利尻島
阿寒&摩周湖
釧路&根室
大雪山
ニセコ&積丹
日高&襟裳岬
大沼・函館
 
北の国から
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム  サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.