北海道車中泊コースガイド 筆者ページ

車中泊やオートキャンプなど、マイカーで北海道を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
北海道フォトギャラリー
北海道フェリー
PostScript
■なぜ人はリピートするのか
■筆者と北海道
■北海道に関する寄稿誌一覧
coleman特集
 
 
リアル車中泊
 
 
 
 
実はこのような車中泊によるクルマ旅行者向けのガイドブックを、誰よりも心待ちにしていたのは他ならぬ筆者だった…
 
取材時にはライダー向けに作られたガイドブックを参考にすることもあったが、あまりに「小刻み」なのと、キャンピングカーでは通れない道沿いにある観光スポットも多く、全てがクルマ旅に使えるわけではなかった。
ゆえにこの本には、これまでの取材を通じて不便に思っていたこと、あるいは不満に感じていたことを解消するための知恵と工夫を、思いつくかぎり盛り込んでいる。
 
では、さっそく具体的な中身を紹介していこう。
 

1.巻頭特集で北海道の魅力を一挙に紹介。

 
北海道に行こうとする人にまず知ってほしいのは、北海道では何ができ、何が面白いかだ。本州ではできないことや見ることのできないものが、ここには本当にたくさんある。
そこで北海道の魅力を2つのグループに分け、Pleasure(お楽しみ)Contensでは、北海道で見られる野生動物、ワイルドな無料の野湯、さらに道産子がふだん食べているソウルフード、そして釣りやトレッキングなどのワイルドな遊びを紹介し、Touring Contentsでは、北海道にしかない景色とドライブスポット、そして豊かな自然の中で過すオートキャンプの素晴らしさを大きく取り上げている。
 

2.汎用性の高いモデルルートと、実調査に基づく各地の「車中泊事情」

 
北海道車中泊コースガイド
 
この本は、道東・道央・道北・道南に分けた4つの旅のコースを10連休で周遊できるよう練られている。しかもそれらはどこかの町で繋がるように設定してあり、この本を頼りに北海道を1周することも可能だ。
車中泊旅行者が一番知りたいのは、旅先に格安のキャンプ場や道の駅、あるいは日帰り温泉、スーパー、コインランドリー等があるかどうかという「車中泊事情」である。だがそれは、机上や画面上ではまず調べ尽くせはしない。そういう意志を持って取材するしか得られない情報なのだ。
 

3.必ずナビゲーションでたどり着ける、車中泊スポット紹介

るるぶなどのガイドブックでこんな経験はないだろうか。
記載の電話番号でナビ検索したら、全く関係のない役場に着いてしまった…
 
特に北海道には、現地に電話がない無人の施設がたくさんあり、編集者は「電話で問い合わせる人の為に」、管轄部署の電話番号を載せている。
しかし車中泊旅行者の大半は、疑うことなくその電話番号でカーナビの検索を行っている。
このぶつけどころのない怒りを、読者には味わってもらいたくないということで、この北海道を含む4冊のコースガイドでは、掲載した車中泊スポットの全施設と、観光スポットの電話番号を正確に調べ、現地に電話がない場所は、付近にある分かりやすい施設名を記載した。
 
北海道車中泊コースガイドには、巻頭のマップと連動した道内128ヶ所の「お勧め車中泊スポット」が掲載されている。
 
おかげさまで、北海道車中泊コースガイドは「完売御礼」となりました。
 
 
 
 
※こちらは「北海道車中泊コースガイド」の「概要」です。
北海道車中泊コースガイド コンテンツ
■概要
■目次
■執筆裏話
 
★リピーターズ・サイド
北の国から
北海道ガイド
■道東エリア 周遊ガイド
■道央エリア 周遊ガイド
■道北エリア 周遊ガイド
■道南エリア 周遊ガイド
富良野&美瑛
知床半島
礼文&利尻島
阿寒&摩周湖
釧路&根室
大雪山
ニセコ&積丹
日高&襟裳岬
大沼・函館
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム  サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.