北海道・車中泊旅デビューガイド【計画編3】/スケジュール作成のセオリー

「旬」を迎える行き先を選ぶ

まず計画のフレームになるのは、何時頃、何日間くらいの予定で北海道にでかけられるか… ということだ。

北海道でも観光地によっては、ベストシーズンとそれ以外の時期に大きな格差があるところがある。たとえば、富良野は8月中旬になれば花はほとんどなくなり、美瑛のパッチワークの路も、茶色い地肌だらけの畑が目立つようになる。

秋の美瑛

それを知らずに旬をはずした観光地を次々と巡っていたのでは、ただ涼しい北海道で車中泊をしてきたという、自己満足だけの寂しい結果に終わるだろう。

しかし、たとえ希望の時期に休みが取れなくても、行ける時期にベストシーズンを迎える場所を事前に調べて行動すれば、旅は俄然楽しくなる。

たとえば、9月なら網走あたりがお勧めだ。能取湖の卯原内に群生するサンゴ草が色づき、スーパーでは遡上してきたサケの新鮮な切り身や筋子が安く手に入る。

また北海道には、旭山動物園のようにシーズンを通して楽しめる観光スポットもある。

こういった施設は雨の日でも利用できるので、温泉やグルメとあわせて調べておく価値があるだろう。いくら景色の良い場所を訪ねてみても、雨では話にならない。 もし滞在しているエリアで雨が降ったら… それに対する答えを用意しておくことも、クルマ旅の計画作りでは大切だ。

スケジュール作成の手順

1)日程を調整する
何時頃、何日間休みが取れるのかを探る
2)観光先を選ぶ
希望観光先をリストアップする
3)その見頃を調べる
日程と候補地の見頃が一致しているかを照合する
4)見どころを探す
リスト外ではどこが見頃であるかを調べる

1)~4)の情報を元に旅の時期・期間・観光先を確定する

ルート作成に進む
➀確定した日程内で、フェリー港から観光先を往復する全体の行程表を作成

②日別スケジュールと宿泊地・入浴施設の決定

<Next Contents>
計画を立てるもうひとつの意味

北海道・車中泊旅デビューガイド 記事一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする