麓郷の森 ~「北の国から」ロケ地紹介~

1981年に放送された「本編後半」から「89’帰郷」にかけての主な撮影地。1984年に新たな観光名所として整備され、針葉樹の深い森林の中には、「黒板五郎の丸太小屋」と風力発電装置を備えた「五郎3番目の家」が残されている。

ただし、敷地内には「北の国から」とは無縁のログハウスや森の写真館、彩の大地館、森のレストランなどが点在し、「やがて町」や「石の家」とは違って、今ひとつその趣旨がピンとこない場所でもあった。

それもあってか、開園当初は無料で見学できたのだが、2014年から有料となり、2016年現在はひとり500円。初めて行くなら「石の家」「やがて町」との共通割引券(1200円)の利用がお勧めだ。

さて。訪れる大半の人のお目当ては、この「黒板五郎の丸太小屋」だろう。シリーズ17回から主人公の黒板五郎(田中邦衛)が作り始め、最終回の24回でようやく完成する。しかし1984年放送の「北の国から’84夏」の中で、純の不注意から火事となり、無残にも焼け落ちてしまう。その結果、この家での黒板一家の暮らしはわずか1年半で終わった。

ちなみにドラマで焼失したのは、そのために作られた撮影セットで、噂ではそのセットに700万円が投じられたという(笑)。

丸太小屋の室内。このロフトで幼い頃の純と蛍が寝起きをしていた。

風車の家(3番目の家)。丸太小屋が焼失した後、黒板一家がやむなく移り住んだ農家の廃屋。一時期は老朽化が進み中には入れなかったが、有料化する際に手入れが行われ、現在は中の見学も可能だ。

所在地:北海道富良野市麓郷
TEL:0167-29-2323
営業時間: 5月~10月:9:00~17:00(無休) 11月~4月:営業時間・休日(変動あり、要確認)
料金:500円
駐車場:あり(無料)

[mappress mapid=”63″]

「北の国から」に関する記事一覧

スポンサードリンク