「北の国から」の通になれるロケ地 24選まとめ

まず「鉄板」と呼べるロケ地がこちら。

「北の国から」ロケ地 初めての人にここがオススメ!ベスト3  

このページは上の3つを既に卒業した人で、「まだまだロケ地めぐりに満足したりない」という人を対象に制作した、いわばマニアック・スポット特集だ。

ただマニアックといっても、その度合にはかなりの「幅」があるので、ここでは3つのランクに分けて掲載することにする。ただし、仕分けの基準は筆者のフィーリングになる(笑)。

マニアック・レベル=3

ドラマを見た人が、「家」の次に訪ねてみたいと思うであろう場所

ファーム富田

「北の国から」の本編で、幼い純と蛍が東京から来た令子(いしだあゆみ)と再会した場所。

ニングルテラス

「 ’98時代」で、雪子おばさん(竹下景子)が務めていた「森のろうそく屋」が、今も実在する新富良野プリンスホテルの屋外ショッピングゾーン。

中畑木材事務所(麓郷木材工業)

「北の国から」全編を通じて何度も登場する、五郎の同級生・中畑和夫の事務所兼自宅。現在は麓郷木材工業の事務所として営業しており、中の見学はできない。

玄関。写真は「遺言」が放送された2002年に撮影(詳細ページなし)。

中の澤分校

「北の国から」本編で、純と蛍が通った小学校で八幡丘にある。今は廃校となり「八幡丘会館」として使われている。

あれから色が塗り替えられ、少しきれいになっている。この写真は2002年に撮影(詳細ページなし)。

草太の牧場(フェニックス牧場)

北村草太(岩城滉一)がアイコ(美保純)と暮らした牧場は、「北の国から」の放送終了後に閉鎖と復帰を繰り返し、現在は緑の屋根だった牛舎も建て替えられている。住居の外観はドラマの当時のままのようだが、個人宅で立ち入りは不可。写真は2016年に撮影したもの。

2002年に撮影した「北の国から」当時のフェニックス牧場(詳細ページなし)。

マニアック・レベル=2

本気で「ロケ地」めぐりをしてみたい人が興味を惹かれる場所

吹上露天の湯

「’95秘密」で五郎とシュウが浸かったことで一躍有名になった、十勝岳温泉にある無料の混浴露天風呂。ドラマでは入浴剤を入れて乳白色にしていたが、実際は無色透明。

鳥沼公園

「’98時代」で、純とシュウがボートに乗ってデートをした公園。この近くから麓郷に通じる道があり、途中にフェニックス牧場や中の澤分校がある。

小野田そば

「北の国から」では、一杯飲み屋になったり、宴会場の撮影に使われたという、操業30年を超える手打ちそば屋。麓郷のバス停がある交差点のすぐ近くにある。蕎麦は二八の太麺。俗にいう「田舎そば」だ。

くまげら

「北の国から」では、 本編第15話、「’98時代」、また「2002遺言」にも登場している郷土料理店。名物は、やまご(きこり)が鹿や鴨などを狩猟し、大鍋にブチ込み食したという味噌味の「山ぞく鍋」。

つるや金物店

富良野駅前にあるシュウ(宮沢りえ)が働いていたお店。「’95 秘密」で純とシュウが2回目に遭遇するシーンで登場。山部山麓デパートにあった柱時計をここでシュウに渡した(詳細ページなし)。

富良野神社

「’98時代」で蛍と庄吉が神前結婚式を挙げた場所。また「2002遺言」では、結(内田有紀)が祈願をする姿を純が隠れて見ていたシーンが撮影された(詳細ページなし)。

マニアック・レベル=1

普通はそこまで行かなくていいと思う場所(笑)。

麓郷展望台

石の家からさらに進み、富良野ジャム園の前の道を上り詰めたところにあるが、写真のマップにご注目。カンジの畑、UFOを見た場所など一級品のマニアック・スポットが記載されている。

ハートヒルパーク展望台

別称「れいちゃん展望台」。「’87初恋」で、中学生の純がチェーンの外れたれいちゃんの自転車を直した道の向かいにある。

JR布部駅

本編「第1話」で、東京から富良野へ移ってきた五郎・純・蛍の3人が最初に降りた駅。駅前には倉本聰直筆の目版が残されている(詳細ページなし)。

朝日が丘公園

本編「第8話」で、大晦日の夜に3人が五郎の提案で富良野の街の灯りを見に行ったとされる場所。その他にも本編ではたびたびロケ地に使われているようだ(詳細ページなし)。

空知川

本編「第18話」に登場する空知川のイカダ下り。この時に五郎はこごみ(児島美ゆき)と出会う。「北海イカダ下りIN 空知川」は今でも行われているようだ(詳細ページなし)。

へそ歓楽街

「’89 帰郷」で五郎と中畑が酔ってお客さんに絡んだ居酒屋(炉ばた)がある富良野の呑み屋筋(詳細ページなし)。

マニアック・レベル=0

最後は、もう見ることができなくなったロケ地。

三日月食堂・布部札幌軒

「北の国から」には富良野にあった2軒のラーメン屋が登場するが、いずれもが既に閉店している。

北時計

「’95 秘密」でシュウが純に自らの過去を打ち明けた喫茶店。現在は、喫茶ギャラリー「あかなら」。

「北の国から」資料館

ロケ地ではないが、それ以上に「北の国から」の魅力が詰まっていた「聖地」は、2016年8月に惜しまれながら閉館している。

最後の最後に、ここに紹介したロケ地以上にマニアックな場所が紹介されているサイトがこちら。まだまだ見足りないとお感じの方は、ぜひ!(爆)

「北の国から」に関する記事一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする