稚内屈指の観光名所「ノシャップ岬」は、夕景が美しい車中泊スポット 

ノシャップ岬の語源は、アイヌ語のノッ・シャムで「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の2つの意味があるという。

そのノシャップ岬がある恵山泊漁港公園には、日本の灯台50選に選ばれている稚内灯台や、稚内市立ノシャップ寒流水族館、さらには稚内青少年科学館があるのだが、筆者がここをあえて観光地ではなく「車中泊スポット」として取り上げているのには理由がある。

利尻島・礼文島、さらにはサハリンの島影も見ることができるノシャップ岬は、夕陽の美しい景勝地としても名高く、晴れた日の稚内にいるなら、一度はその美しいサンセットを見てみたいと誰もが思うに違いない。

しかし、真夏の稚内の日没時間は午後7時を過ぎるため、宿に泊まる場合は夕食や入浴時間との折り合いがつけにくい。

だが車中泊なら、日没後の雲焼けタイムまで、心置きなく壮大な自然のショーを楽しむことができるのだ。

現地にはキレイな水洗トイレと無料の駐車場が完備されている。もちろん夜間はがら空きだ。

とまあ、車中泊で風景写真を撮る人間にとっては都合の良いことばかりなのだが(笑)、稚内には無料の森林公園キャンプ場と道の駅があるため、そこが満車になる夏休み中の週末やお盆期間中を除けば、ここでの車中泊は基本的に推奨されるものではないと思う。

そのあたりの事情を考慮しながら、うまく立ち振る舞っていただきたい。

カーナビ設定時の目印は、あきかわ屋(0162-22-4112)。夏季は午後7時まで営業している。

【正式名称】
恵山泊漁港公園
〒097-0026 北海道稚内市ノシャップ 現地なし
【駐車台数】
普通車:約30台

【最寄の入浴施設】
稚内温泉童夢 0162-28-1160
入浴時間: 10:00~22:00
定休日: 月1日不定休
料金:おとな600円

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 
2.ゴミ箱の有無=なし
3.入浴施設までの距離=約3キロ 
4.飲食・物販施設の営業時間=童夢の食堂 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= コンビニのセイコーマートまでは約1.5キロ  

稚内・宗谷 全記事リスト

↑礼文島・利尻島のトップページへ

↑オホーツク・ライン 詳細ガイドのトップページへ 

オホーツク・ライン 全記事リスト

スポンサードリンク