神の子池の水源は、本当に摩周湖の伏流水? 

北海道の「青池」といえば、最近人気の美瑛白金地区にある「青い池」ではなく、この「神の子池」が元祖だ。

水温は年間を通して8℃と低く、重なり合うように沈んだ倒木が、腐敗することもなく水深5メートルの底に横たわる姿がはっきり見える。その隙間をオショロコマが静かに泳ぐ光景は神秘的で、太古の昔からずっと変わらぬ姿を、今も守り続けているかのようだ。

ところで。カムイトー(神の湖)と呼ばれる摩周湖には、流れ込む川も、湖から流れ出す川もないことをご存知だろうか。

にもかかわらず年中水位が変わらないのは、湖の周辺に伏流水を湧き出させているからとされている。

摩周湖の近くにある神の子池は、長年その伏流水の泉といわれてきたが、Wikipediaには水質調査の結果、神の子池の水源は摩周湖本体ではなく、外輪山への降水が伏流水となって水源になっているとの記述がある。

だがよく考えてみれば、流入してくる川がない以上、摩周湖の水だって元を辿れば外輪山への降水ではないのか? であれば、大元はひとつであって「ことさら」に違いをアピールする必要があるのだろうか…

地質学者ではない我々にすれば、どちらでもいいことなのだが、どうせなら昔話のままのほうが、ミステリアスで興味が湧く(笑)。

さて。神の子池は、道道摩周湖斜里線からハトイ林道に入り、2キロほど未舗装の道を進んだところにある。林道の入口に「神の子池風景林」の看板が立っているし、今はたいていのカーナビにも登録されているので、迷うことはないと思う。

ただこういう看板も立っているので、人の少ない早朝に行くのは控えたほうがいいだろう。

池の手前には広い駐車場がある。

神の子池のマップコード: 910 216 110*84

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする