陸と海が織りなす「原始の営み」に出会う旅

「知床」の語源は「シリエトゥク」というアイヌ語で、「地の果て」を意味する。

その知床がユネスコの世界自然遺産として正式登録されたのは2005年の7月。世界自然遺産には、ガラパゴス諸島やグレートバリアリーフといった、名だたるところが登録されており、知床が世界的にも高い注目を浴びたことがうかがえる。

ここで我々日本人にとって重要なことは、その知床の何が世界自然遺産に登録される高い評価につながったのか… ということだ。

カラフトマスの遡上を水中カメラで激写。手の感覚がなくなるほど水は冷たい。

ご承知の通り、知床半島には冬になれば流氷が押し寄せてくる。
この流氷には豊かなミネラルが含まれており、春になると植物プランクトンが大量に発生し、それが動物プランクトンのエサとなり、動物プランクトンは小魚のエサに、小魚は大きな魚や海鳥達のエサになっている。

野付半島には、北帰せずに日本で繁殖しているオジロワシがいる。

また、大きな魚はトドやアザラシ・オオワシ・オジロワシなどのエサとなり、知床半島の近海に壮大な海の食物連鎖が展開される。

知床の食物連鎖は海だけにとどまらない。

サケやマスが産卵のために川を遡上し、森に棲むヒグマやキツネたちの貴重なエサになっている。そして死骸は土にかえり、森の草木を育む滋養となっていくのだ。
このように、知床は海の生態系と陸の生態系の相互関係が今なお続く、素晴らしい自然環境を保っている。

早朝はこのようにエゾジカが車道にいる場合があるのでスピードは控えめに。

せっかくの自由奔放クルマ旅。
観光ガイドや旅行会社の意図に左右されず、まずはそういった目線から知床半島を眺めて見ようとは思わないか…

知床半島コンテンツ

知床半島の観光&車中泊事情
知床横断道路は、半島随一のワイルドライフ撮影スポット
マイカーで行く知床半島 うとろと知床横断道路の見どころ10選
マイカーで行く知床半島 羅臼の見どころ8選
クジラよりもエキサイティング。羅臼のオルカ・ウォッチング

知床半島 全記事リスト

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする