車中泊の旅人が知りたい温泉情報とは

「鉄道」・「ラーメン」・「お城」・「滝」… というように、世の中には「テーマ」を決めて全国を旅歩く人達がたくさんいるが、その中でも「温泉」は人口の多いテーマで、さらに「秘湯・名湯」となれば、マニアック度のメーターは跳ね上がる。

かつてTVチャンピオンの「温泉通」で3連覇を果たした郡司勇氏のように、「舐めただけで、どこの温泉かがわかる」などというのは、筆者には到底マネができない神業だ(笑)。

筆者の場合、温泉は嫌いじゃないが、それが「研究テーマ」の最上位に位置するわけではない。大学の授業に例えるなら、「専門」ではなく「一般教養」の部類だと思っている。それでも本を出しているくらいなので、100軒200件程度の入湯経験は持ち合わせている。

ただしその大半は、温泉宿ではなく無料の野天風呂を含む「日帰り温泉」だ。車中泊の旅人にだって、「立ち寄ってみたい温泉」はある。

ただ「かけ流し」や「循環」がどうのこうのという話に、さほどの関心はない。そんなことにこだわっていたら、スーパー銭湯には一生行けまい。基本は汗を流し、疲れを癒やすための「入浴」が、「お風呂」よりは「温泉」のほうがありがたいということだ。ゆえに、秘湯・名湯と同じくらい、車中泊スポットの近くにある日帰り温泉情報が大事なのである。

よって「まっとうな温泉」のようなコンテンツが知りたい人には、ここは明らかに内容不足のサイトだと思うし、取るに足らないような温泉も登場する。

まずそのことを踏まえたうえで、「続き」をご覧いただきたい。

Yahoo! JAPANに飛ぶ

入湯済みの北海道の秘湯・名湯 一覧

入湯済みの北海道の日帰り温泉 一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする