花いろどりの宿 花游 日帰り入浴情報/和歌山県 太地町

南紀勝浦温泉の「湯めぐり手形」で、日帰り利用できる太地の温泉旅館

串本と那智勝浦町の間に位置する太地町にある「花いろどりの宿 花游」は、南紀勝浦の温泉旅で「湯めぐり手形」の最後の1枚を使うに相応しい温泉館である。

紀州潮聞之湯と同じく、日帰り料金を1000円とるだけあって、一度泊まってみようかという気にさせるだけの質感を有している。

海辺の庭園露天風呂「岬波の湯」。温泉旅館の湯殿らしく、趣とクオリティーの高いシャンプー・ボディーソープが揃っている。筆者はアメニティー・グッズを、その施設がコストとサービスのどちらに重きを置いているかを判断する際のひとつの材料と考えているが、ここは馬油のそれらを揃えている。

お湯は塩分を含むナトリウム-塩化物温泉で、PH値は8.4。弱アルカリ性のいわゆる「美肌の湯」である。

ただし、日帰り入浴の利用時間が15時以降なので、太地の観光を終えて勝浦に戻る際に立ち寄るといいだろう。

花いろどりの宿 花游
和歌山県東牟婁郡太地町太地2906

TEL.0735-59-3060
日帰り入浴可能時間/PM3:00~PM9:00(最終受付)
※露天風呂はPM4:00~
定休日/なし

中学生以上 ¥1,000、3歳~小学生 ¥500

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら

南紀勝浦温泉ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

 周辺の車中泊スポット まとめ 

グルメ&観光事情

入湯レポート一覧

全記事リスト

スポンサードリンク