白良浜を眼下に見下ろす共同温泉 白良湯

車中泊ができる「しららはまゆう公園」から歩いて行ける共同温泉。海水浴場になる白良浜の一画にあるため夏は別だが、それ以外の季節にはお勧めだ。木造建屋の暖簾をくぐると、昔ながらの銭湯を思わす「番台」があり1階は広い休憩室になっている。

浴室は2階で、晴れた日の日中は、内湯の窓から真っ白な白良浜と、青い海、青い空の美しいコントラストが見える。

露天風呂はないが、それが逆に共同温泉らしさを感じさせてくれる。使われている生絹湯(すずしゆ)は、美肌成分を多めに含むほぼ中性の優しいお湯だ。

なお、駐車場は5台分ほどしかないので満車の場合が多い。確実なのは「しららはまゆう公園」か、その近くにある無料駐車場に置いていくことだ。

白良湯 白浜観光協会サイト

☎0739-43-2614
〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町3313−1

【施設概要】

  • 所在温泉地 :白浜温泉
  • 業態 :共同温泉  
  • 泉質 :ナトリウム・マグネシウム・塩化物泉
  • お湯:源泉かけ流し
  • お風呂:内湯男女各1
  • 休憩スペース :あり(無料)
  • 飲食施設:なし   
  • 駐車場 :あり(約5台・無料)
  • シャンプー・石鹸等:なし
  • ドライヤー:なし

【利用データ】

  1. 営業期間:通年
  2. 営業時間:7時~21時30分(閉館22時)
  3. 定休日:木曜
  4. 入浴料:大人420円・小学生140円・幼児(0歳~)70円
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら

南紀白浜温泉ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

 車中泊スポット一覧

グルメ&観光事情

 車中泊旅行者にお勧め!といえる、南紀白浜の見どころ・まとめ

 南紀白浜でクエ鍋を安く食べる3つの方法

グルメ・特産品一覧

有馬温泉の入湯レポート一覧

 「南紀白浜温泉 湯めぐり札」の魅力と上手な使い方

全記事リスト

スポンサードリンク