源泉かけ流しの日帰り温泉が併設する、道の駅 椿はなの湯

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉併設の道の駅といえば、だいたいは「道の駅に日帰り温泉がくっついている」という感じなのだが、ここは「日帰り温泉が道の駅になった」珍しいケースのようだ。したがって、駅舎には物販スペースも食事処もなく、あるのは入浴関連施設だけ… まさに日帰り温泉そのものである(笑)。

とはいえ、車中泊地としては悪くない。白浜から国道42号で、すさみ方面に約10キロ、云ってみれば「白浜温泉の奥座敷」のような存在だ。白浜温泉には温泉街の近くに車中泊スポットがあるので、ここは前泊・後泊の場所として利用するといい。

ホームページには駐車台数16台(大型車2台、普通車13台)と書かれているが、写真の左奥に未舗装の空き地があり、実際はもっと停められる。到着時に舗装区画が満車であれば、閉館後に移動することもできるだろう。

椿温泉の泉質は「単純硫黄泉」。古くから湯治場として栄えてきた湯処だが、「はなの湯」の源泉はさらにpH9.9の美肌の湯として、近年注目を集めている。通常、美肌の湯は弱アルカリ性でpH値では7.5~8.5あたりを示すのだが、9.9まで行くと完全なアルカリ性になる。

惜しいのは、31.4℃という源泉温度の低さだ。そのため写真の大きな浴槽は加温されている。また比較的新しい施設なのに露天風呂がないのも、それに起因しているのだろう。

なお、写真右奥の檜の浴槽は冷泉のままの「源泉風呂」。ただし「おひとりさまサイズ」なので、そう簡単には入れない(笑)。ヌメリが感じられるお湯は、透明で微かな土の臭いがした。

駐車場の一画には無料の足湯があるが、これは椿温泉に湯治に来られ、健康を回復された方の好意で作られたという。

道の駅 椿はなの湯 オフィシャルサイト 

☎0739-46-0617
〒649-2326和歌山県西牟婁郡白浜町椿1058-1

【施設概要】

  • 所在温泉地 :椿温泉
  • 業態 :日帰り温泉施設  
  • 泉質 :単純硫黄泉
  • お湯:源泉かけ流し
  • お風呂:内湯男女各2
  • 休憩スペース :あり(有料)
  • 飲食施設:なし  
  • 駐車場 :あり(約16台・無料)
  • シャンプー・石鹸等:あり(無料)
  • ドライヤー:あり(無料)

【利用データ】

  1. 営業期間:通年
  2. 営業時間:12時~21時(閉館)、(11月~翌2月は20時閉館)
  3. 定休日:火曜(祝日の場合は翌平日休)
  4. 入浴料:大人500円・小学生250円、貸切風呂(50分)2,000円
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

各地の秘湯・名湯 入湯レポート一覧ページはこちら

南紀白浜温泉ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

 車中泊スポット一覧

グルメ&観光事情

 車中泊旅行者にお勧め!といえる、南紀白浜の見どころ・まとめ

 南紀白浜でクエ鍋を安く食べる3つの方法

グルメ・特産品一覧

有馬温泉の入湯レポート一覧

 「南紀白浜温泉 湯めぐり札」の魅力と上手な使い方

全記事リスト

スポンサードリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。