伊豆半島・河津の「隠れ名湯」 湯ヶ野温泉・福田家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湯ヶ野温泉は伊豆半島東南部にある河津温泉郷のひとつで、早咲きの桜並木で有名な河津川沿いに6軒の旅館が存在する。

国内外からの観光客に沸く河津桜まつりの会場から、クルマでわずか10分ほどの距離にありながら、この温泉地には驚くほどの鄙びた風情が残されていた。おそらくこちらが、本当の「河津の素顔」なのだろう。

さて。湯ヶ野温泉は短編小説「伊豆の踊子」の舞台のひとつで、作家の川端康成ゆかりの宿「福田家」が現存し、その隣には文学碑もある。

「伊豆の踊子」は、川端康成が19歳の時に伊豆を旅した実体験を元に描いた、初期の代表作と云われている。

以下はウィキペディアからの転用

孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。

孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている。

日本人に親しまれている名作でもあり、今までに6回映画化され、ヒロインである踊子・薫は田中絹代から吉永小百合、山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じてきた。

後にノーベル賞作家となる川端康成が、学生時代(20才)に三泊した部屋と、晩年に逗留した部屋を現代に残し伝えているのが、写真の福田家。

創業明治12年の和風情緒豊かな木造の老舗旅館は、川端が逗留した部屋の名前を「思い出」と名づけ、今でも宿泊客を受け入れている。

同時に、福田家は「日本秘湯を守る会」に名を連ねる温泉旅館で、嬉しいことに日帰り入浴が可能だ。ただ残念なことに、筆者はその営業時間外にこの地を訪ねたため、噂の名湯を体験することができなかった。

このサイトは実湯をモットーにしているだけに掲載するかどうか迷ったが、まだ生きているうちに一度くらいは、伊豆を訪ねる機会もあるだろうと思い、あえて信念を曲げた(笑)。

日帰り入浴時間 は10時~17時で、料金は700円。ただし旅館なので満室や貸し切り時には利用できない場合がある。念のため事前に電話で確認をしてから訪ねよう。

☎0558-35-7201

ちなみに泉質は、pH 8.8のカルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉 。美人・美肌の湯系のようだ。詳細は以下でどうぞ。

福田家オフィシャルサイト

入湯できなかったかわりに温泉街を散策してきた。こちらが「伊豆の踊子」に登場する共同浴場だが、地元の住民専用で一般開放されていない。ただし、福田家に泊まれば入浴できるそうだ。

川沿いにある「踊り子の足湯」。

椅子とテーブルも完備。なんと贅沢な井戸端会議場だこと!(笑)。

最後に。湯ヶ野温泉街は狭くてクルマは通れない。そのため国道414号沿いに町営の無料駐車場が用意されているので、そこに停めて歩いて行こう。駐車場にはトイレもあるので、車中泊をしようと思えばできないことはなさそうだ。

ただ筆者なら、もう少し進んだループ橋の手前にある河津七滝観光センター無料駐車場を利用する。

河津桜まつり Contents

<概要>車中泊で攻略する「河津桜まつり」

河津桜まつりの駐車場と、その車中泊事情

河津桜まつりのお勧め散策ルート

河津のお勧めスポット。峰温泉大噴湯公園

伊豆半島・河津の「隠れ名湯」 湯ヶ野温泉・福田家

河津桜まつりと合わせて訪ねたい町、「伊豆稲取」の見どころ

伊豆の金目鯛。美味い理由と、旅での美味しい食べ方

周辺の車中泊スポット紹介

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。