道後温泉名物「坊っちゃん団子」

「坊っちゃん団子」とは、上から抹茶・卵・小豆と色の違う団子を3個串刺しにしたもので、「道後ハイカラ通り」だけでなく、松山市内各地の土産物屋、ホテル・旅館、駅・港・空港の売店などで広く売られている。

そのルーツは、夏目漱石の小説「坊っちゃん」に、「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と書かれた、赤餡と白餡の団子を三つ串に刺した「湯ざらし団子」にあるらしい。ただ、「坊っちゃん団子」と呼ばれるようになったのは、昭和に入ってからのようだ。

現在は松山市内のいくつかの製菓会社で造られているが、最も早く世に出したのは道後温泉街にある「つぼや菓子舗」とされる。

ただ現在、お土産屋・売店で一番よく売られているのは「うつぼ屋」のもので、食べやすいよう一本ずつ小型トレイに入れた2本パックが好評だ。

道後温泉 車中泊旅行ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

道後温泉本館 入湯パーフェクトガイド

道後温泉の入湯レポート一覧

道後温泉(冠山)駐車場

グルメ事情まとめ

観光情報まとめ

観光スポット 一覧

道後温泉 全記事リスト

スポンサードリンク