道後温泉での夕食には、大人の隠れ家的日本料理店「にきたつ庵」がお勧め

熟田津(にきたつ)とは、道後温泉付近にあった港(船着き場)のことで、大化の改新当時の歌人で、天武天皇の妃であった額田王(ぬかたのおおきみ)が詠んだ万葉集収録の和歌にも、枕詞として登場する。

道後温泉には聖徳太子が病気療養のため滞在したという記録が残されているが、飛鳥時代とのゆかりは深く、太子の姪にあたる額田王が残したこの和歌は、朝鮮半島で起こった白村江(はくそんこう)の戦いに、熟田津(にきたつ)から出兵していく様を詠んだとも云われている。

さて。和歌にも詠われるように、どことなく都チックな「言の葉」を店名にする「にきたつ庵」は、「道後ハイカラ通り」と交差する「にきたつの路」の脇にひっそりとたたずむ、蔵元直営の日本料理店だ。

店内は「シックな大人の空間」で、酒と魚が旨い。

桶料理

人気メニューは地元の素材を目と舌で味わう桶料理。ただ、釜飯やサラダも美味しく、オーダーはメニューを見てからでも遅くはない。

メニューはこちらで確認。

観光客が偶然行くには、まず「見つけられない場所」にあるにもかかわらず、週末は予約が必要というのは、よほど「クチコミ」で紹介されている証だが(笑)、それでも奥さんや彼女を喜ばせるには、悪くない選択肢だろう。

にきたつ庵
〒790-0848 愛媛県松山市道後喜多町3-18
☎0899-24-6617
営業時間/11時~21:30分・月曜定休

道後温泉 車中泊旅行ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

道後温泉本館 入湯パーフェクトガイド

道後温泉の入湯レポート一覧

道後温泉(冠山)駐車場

グルメ事情まとめ

観光情報まとめ

観光スポット 一覧

道後温泉 全記事リスト

スポンサードリンク