子規と漱石の思い出の地、「愚陀仏庵」が見られる松山市立「子規記念博物館」

道後温泉(冠山)駐車場から歩いて行けるところに建つ松山市立「子規記念博物館」は、松山出身で近代俳句の祖といわれる正岡子規を中心に、夏目漱石やこの地にゆかりの深い文人たちの業績を集大成した文学系の博物館で、1981年4月に開館し、現在収蔵している実物資料や書籍はおよそ6万点といわれている。

それはそれとして…

この博物館には、近年にわかに脚光を浴びるようになった展示物がある。

それは3階にある愚陀佛庵(ぐだぶつあん)だ。
写真の座敷は、明治28(1895)年に松山中学英語教師として赴任した夏目漱石の下宿住居を再現したもの。「愚陀仏」は漱石の俳号だが、その名付け親は、松山出身で東大時代の学友、正岡子規である。

子規は日清戦争従軍後に喀血し、療養後に松山へ帰郷するが、その際にはここに52日間滞在し、多くの句を書き残している。

本物の愚陀佛庵は、現在繁華街になっている二番町にあったのだが、戦災で焼失し1957(昭和32)年に松山城南ろくの萬翠荘近くに再建されていた。

だが、2010年7月の集中豪雨で、土砂崩れにより全壊する。

その後、再建計画が何度か話し合われたようだが、松山市は一方で築100年を超える道後温泉本館の老朽化に伴う修復工事を迫られており、財政的に困難な状況にあるようだ。

そのため、2018年9月現在でも再建の目処は立っておらず、この博物館内にあるレプリカが唯一、当時を偲ばせる場所になっている。

司馬遼太郎原作のNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」にも登場していたので、云われれば分かる人もいるだろう。近場なので、興味があればぜひ。

松山市立 子規記念博物館
松山市道後公園1-30 ☎089-931-5566 

営業時間:9:00~16:30(閉館17:00、時期により変動あり) ・月曜定休
入館料:400円 駐車場あり(30分100円) ※夜間は閉鎖

道後温泉 車中泊旅行ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

道後温泉本館 入湯パーフェクトガイド

道後温泉の入湯レポート一覧

道後温泉(冠山)駐車場

グルメ事情まとめ

観光情報まとめ

観光スポット 一覧

道後温泉 全記事リスト

スポンサードリンク