松山に残る、もうひとつの「日本100名城」。湯築城跡(道後公園)

日本の戦国時代をよく知る人には、いまさら説明する必要がないかもしれないが、九州と四国には「歴史の断層」のようなものがある。簡単に云うと、突然「支配者」が代わり、それとともに城まで代わる、まさに歴史がプッツリ途切れた痕跡である。

そして、その人災を引き起こしたのは、後に天下人ととなる豊臣秀吉だ。

戦国時代の松山を治めていたのは、「伊予」の豪族河野氏だったが、四国で強大な力を誇る長宗我部氏の配下にあった。

そのため、秀吉による長宗我部討伐、俗に云う四国討伐の犠牲となり、小早川隆景の軍門にくだった後、河野氏の居城は破却され、新たに松山城が築城された。

その「失われた城」が湯築(ゆづき)城である。

江戸時代の「湯築古城図」には、内堀と外堀をもち、丘陵頂部の「本壇」のほかに、北方の「杉の壇」・東方の「中壇」の郭と、家臣居住空間等を構えた大規模な平山城であったことが記されている。

道後公園になる前は、動物園や植物園、一時期は遊園地になった時期もあったというが、現在は発掘された遺跡を元に、武家屋敷などが当時の姿に復元され、国指定文化財日本100名城に認定されている。現地には冒頭の人形を使った展示がなされているほか、湯築城資料館もあり、いずれも無料で見学できる。

筆者もそうだったが、道後温泉のすぐ隣りにあって公園化され、「湯築」という名前がつくことから、てっきりここが「太古の道後温泉跡」だと勘違いして訪ねる人は少なくないと思う(笑)。

歴史学上、希少な遺跡であることは理解できても、この公園を魅力的にガイドするのは難しい。むしろ歴史に興味がない旅人には「知らなくても構わない」、いや「知らないほうがいい」ところかもしれない(笑)。

道後温泉 車中泊旅行ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

道後温泉本館 入湯パーフェクトガイド

道後温泉の入湯レポート一覧

道後温泉(冠山)駐車場

グルメ事情まとめ

観光情報まとめ

観光スポット 一覧

道後温泉 全記事リスト

スポンサードリンク