さすらいの俳人・種田山頭火の終焉地「一草庵」

日本を代表する俳人と云えば、松山出身の正岡子規が筆頭格だと思うが、その同じ松山市内に、子規とは全く生き方も作風も異なる昭和の俳人、種田山頭火の終焉の地が残されてることをご存知だろうか…

山頭火は、1926年(大正15)年から「一笠一杖一鉢(いちりゅういちじょういっぱつ)」の行乞行脚(ぎょうこつあんぎゃ)の旅を始め、その間、山口県小郡町に「其中庵(ごちゅうあん)」、湯田温泉に「風来居(ふうらいきょ)」を結ぶ。

しかしその後も行乞を止めず、自然と一体となり、自己に偽らず、自由に一筋の道を詠い続けた。

その山頭火が、友人の好意で松山にある御幸寺(みゆきじ)境内に庵住したのは、1939年(昭和14年)年12月のこと。その最期の僧房は「一草庵」と名付けられた。しかし山頭火は翌年10月11日に永眠。隣室で句会が行われている最中に、脳溢血で倒れたという。在庵したのはわずか10ヶ月、享年59歳であった。

なお「一草庵」は休日のみ室内が公開される。

料金は無料、ただし駐車場はないので隣の護国神社を利用しよう。なお同じ松山市内には同名のうどん屋さんがあるので、行かれる方はこのマップを参照に。

【参考】NPO法人まつやま山頭火倶楽部 

一草庵 
松山市御幸1丁目435-1
内部公開時間

①2月1日~6月30日および9月1日~10月31日の土・日・祝日=午前9時~午後5時
②7月1日~8月31日の土・日・祝日=午前9時~午後5時30分
③11月1日~12月27日および1月5日~1月31日の土・日・祝日=午前9時~午後4時30分

種田山頭火の生涯

世を捨て、人間臭さにまみれたその生き様は、けして褒められたものではないと思うが、反面、目標を見失った人々には、ある種の安堵感を与えてくれる存在なのかもしれない。誰だって、いつでも、またいつまでも「強いまま」ではいられない。時には弱さに励まされることがあって然りだ。クルマ旅の映画「あなたへ」の中でも、意味深な彼の言葉が引用されている。

道後温泉 車中泊旅行ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

道後温泉本館 入湯パーフェクトガイド

道後温泉の入湯レポート一覧

道後温泉(冠山)駐車場

グルメ事情まとめ

観光情報まとめ

観光スポット 一覧

道後温泉 全記事リスト

スポンサードリンク