新穂高ロープウェイは、上高地まで行くと値打ちがある。

全長3,200メートル、標高差1,039メートルのスケールを誇り、第1ロープウェイは全面ガラス張り、第2ロープウェイは2階建ての大型ゴンドラで北アルプスの空中散歩が楽しめる。

だがそんな説明だけで、600円の駐車場料金と大人往復2,900円を支払うなんて、筆者には到底できない(笑)。

このロープウェイの本当の楽しさが分かるには、少なくてもそこから見える山のことを少しは知る必要がありそうだ。

まず新穂高ロープウェイの終点「西穂高口駅」の屋上には、標高2,156メートルを誇る展望台がある。吉永小百合が着物姿でソフトバンクのCMを撮影した場所といえば、ピンと来る人もあるはずだ。

ここからは槍ヶ岳がよく見える。山頂の左下にある小さな尖りが、「アルペン踊りを踊りましょ」に登場する「小槍」。ちなみに槍ヶ岳は上高地からは見えない。

いっぽうこちらは西穂高岳のピーク。夕方近い時間だったが、秋でもここまで山がスカッと見えるのは珍しい。

西穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳といった北アルプスの蒼々たる山が、まさに360度の大パノラマで眺望できるこの展望台は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にも二つ星として掲載されているが、ここで注目したいのがジャンダルムだ。

槍ヶ岳には何とか登ったが、ジャンダルムは高所恐怖症の筆者の限界の遥か彼方を行く道である(笑)。しかも、普通は西穂高岳か奥穂高岳を目指さない限り、お目にかかることさえできない。

なぜそんなジャンダルムを紹介したかというと、この千石園地からは西穂高岳を経て奥穂高岳、北穂高岳、さらに槍ヶ岳へと続く北アルプスの縦走ルートが伸びている。ジャンダルムはその最大の難所とも云われているが、勇気があればここからは一本道で行ける(爆)。

それは冗談として。

面白いことに、この標高2000メートルを超える山の道は、梓川に沿って歩く大正池から上高地への平坦な道とほぼ平行して走っている。ゆえにマップのように、途中にある西穂山荘から上高地に下ることが可能だ。

この道であれば、さして登山経験がなくても降りられる。カヌーのように友人と同伴し、1台を平湯温泉の「あかんだな駐車場」に置き、もう1台を新穂高ロープウェイの有料駐車場に置けば、普通ではできない上高地の散策が日帰りでも楽しめる。

もちろんハイキングの装備では危険。きちんとした登山用のシューズと服装は欠かせない。

【アクセスについて】
ハイシーズンは、第一ロープウェイが発着する「新穂高温泉駅」周辺は、路上駐車もあって駐車場に行き着くまでに大混雑が予想される。そのため、その手前の「野の山山荘」に通じる道をUターンするように登り、第二ロープウェイの「しらかば平駅」にある有料駐車場を利用するほうが無難だ。

中間のしらかば平駅には、ビジターセンターと露天風呂、さらには足湯もある。

新穂高ロープウェイ オフィシャルサイト

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

入湯レポート一覧

車中泊スポット一覧 ※車中泊スポットガイドに収録

自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ

グルメ紹介

全記事リスト ※車中泊スポット除く

スポンサードリンク