元祖「スノーモンキーの露天風呂」がある、長野県の地獄谷温泉の後楽館

 

長野県の地獄谷温泉は、湯田中渋温泉郷のはずれにある。

その名は、志賀高原の竜王山に端を発する横湯川脇の噴泉が、まるで地獄の底から噴き出しているような音を発することに由来するそうだ。

天然記念物にも指定されているこの大噴泉は、間欠泉と違って中断することがなく、3500万年前から今日まで約98度の温泉を湧出し続けている。

今日は、その地獄谷温泉にある孤高の温泉宿を紹介する。後楽館は「日本秘湯を守る会」に名を連ねているが、その中でも「秘湯の度合い」が際立って高い。

上林温泉や渋温泉の人里から2キロほど離れた渓流沿いに建ち、クルマで玄関まで行くことはできない。歩いて物を運び、自家発電で灯をともして、秘湯を守る先代からのスタイルを、7代目となった今も踏襲している。

とはいえ、夏(4月14日から11月30日まで)は近くの地獄谷駐車場(有料)まで車で行けるため、山道を歩くのは10分程度で済む。しかし冬(12月1日から3月31日まで)は、上林温泉にある野猿公苑駐車場(無料)に車を置いて、約2キロの雪道を30分以上かけて歩かなければならない。

物好きなことに、筆者は冬と秋に両方の道からアクセスしているのだが、目的は宿泊でも温泉でもなかった。それが何であったかは、この後すぐにわかる。

ところで… 「秘湯」には様々な意味があると思うが、後楽館は人里離れた場所に建つだけの温泉宿ではない。ここには、なんと野生のニホンザルと「混浴」ができる露天風呂があるのだ。

「スノーモンキー」という言葉をご存知だろうか。

後楽館から約5分ほど先にある「地獄谷野猿公苑」で餌付けされたニホンザルは、寒い時期になると温泉に浸かって冷えたカラダを温める。その様子が国内外のメディアに取り上げられ、海外のフォトコンテストで入賞したり、アメリカの雑誌「LIFE」の表紙を飾ったことから、いつしかそう呼ばれるようになった。

特に長野オリンピック以降は、外国人が好んでやってくる。この日の地獄谷は、我々夫婦だけが「日本語を話せるお客樣」状態だった。

ところで… 「猿の惑星」ではないが、スノーモンキーにも「温泉の気持ち良さ」を最初に覚えた祖先がいる。

後楽館によれば、初めて猿が温泉に入ったのは1963年頃で、湯治のため長期滞在していた一人の船員が、露天風呂の近くまで来た猿を呼び寄せ、温泉に入らせようと試みたのがきっかけだそうだ。

残念ながら船員の滞在中に猿が温泉に入ることはなかったようだが、その後一匹の小猿が温泉に浸かり、それが群れ全体に広まったという。

地獄谷野猿公苑の中に猿専用の湯船が作られたのは、それから後のことである。今ではすっかりそちらのほうが有名になってしまった。

そう聞くと… 「元祖・お猿の温泉」に入ってみたい。しかもあわよくばスノーモンキーちゃんと。なんてことを考えるオバカが必ず出てくる(笑)。

もちろん筆者もそのひとりで、2013年11月に後楽館を訪ねた。

その日は混浴こそできなかったが、「見物猿」がやってきた。地獄谷野猿公苑と全く逆のロケーションは、まさに「猿の惑星」だった(笑)。

こちらは男性用の内湯。「延命の湯」と名づけられており、ほのかな木の香りに癒やされる。湯船は小さめで定員は4人といったところだろうか。

露天風呂は温めだったが、こちらは源泉だけでは熱すぎて入浴できないらしく、写真の通り「水を止めないでください」という張り紙がされていた。

地獄谷温泉後楽館の基本情報<2018.10月現在>

所在地 :〒381-0400下高井郡山ノ内町地獄谷温泉
電話 :0269-33-4376
公式サイト

入浴料: 600円
営業期間 :通年
営業時間 :12:00~15:00(閉館)
休館日: 不定休

給湯方法 :源泉かけ流し
泉温 :70.5度
泉質 :含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(混浴露天風呂)
効能: 胃腸病・神経痛・リューマチなど
pH 7.2

なお、アクセスについては地獄谷野猿公苑と同じなので、詳しく記載している以下のページを参考にしていただきたい。

スノーモンキーに会える長野県の地獄谷野猿公苑
マイカー・アクセスガイド 018.10更新

スポンサードリンク