草津温泉の一番新しい日帰り温泉施設「御座之湯」の上手な利用法

「大滝乃湯」「西の河原露天風呂」に続く草津温泉3番目の有料共同温泉施設となった「御座之湯」は、明治時代まで実在した共同浴場「御座之湯」を、当時の伝統的な建築様式を用いて再構築している。

その謂れは古く、鎌倉時代にまで遡る。

江戸から明治にかけての湯畑周辺には、「御座之湯、綿の湯、かっけの湯、滝の湯、鷲の湯」という5つの共同湯があったと聞くが、中でも「御座之湯」は源頼朝にゆかりがあるとされ、三原野に狩りに来た際に御座りになった石がこの地にあったことから、その名前が付いたと伝えられている。

ところで、草津温泉が既に2つあった有料共同温泉施設を、あえて増やしたのには理由がある。

草津温泉ほどメジャーな温泉地でも、観光客数はバブル期の300万人を頂点に下降線を辿り、この頃には265万人前後にまで落ち込んでいた。その状況を打開すべく、草津温泉は2013年から3年かけて湯畑周辺の再開発に着手する。

その「先陣」を切ってオープンしたのが「御座之湯」だ。

木造建築にこだわり、100年後にこの建物を重要文化財にするという奇想天外な発想で話題を呼ぶなど、ただの温泉施設とは一味違うカタチになっているのは、総合的な「温泉町再生」の一翼を担ってのことだろう。

なお、草津温泉の再開発については、こちらに興味深い記事をリンクしているので、興味があればご覧いただきたい。いずれにしても町長の思惑は当たり、現在の草津温泉は再び300万人を超える観光客で賑わっている。

さて、本題に入ろう。

御座之湯は木造2階建ての1階に、石の湯、木の湯の2つの浴場があり、それぞれには湯畑源泉と万代源泉の2つの湯殿が用意され、高い天井と相まってやんごとなき開放感が味わえるつくりになっている。

実際に入湯してみると、万代源泉の方が多少温めでお湯も柔らかく感じられた。

驚いたことに… 洗い場は4つしかない。だが、そこにはあえて「明治時代の湯治文化を体験できるように」という想いが反映されているとのこと。草津温泉には「大滝乃湯」という現代風の日帰り温泉施設が既にあるのだから、個人的には「これはこれで良いのでは」とも思う。

なお2階には休憩用の大広間があるが有料。なので利用はしていない(笑)。

入場料
大人:600円 ※ちょいな三湯湯めぐり手形利用可
シャンプー、ボディーソープ、ドライヤーあり

営業時間
4/1~11/30 7:00~21:00(最終入館は20:30まで)
12/1~ 3/31 8:00~21:00(最終入館は20:30まで)

草津温泉をサクッと体験するなら、白旗の湯とのハシゴがお勧め

さほど温泉好きではないが、せっかく草津に来たのだから「納得できる温泉」に入って帰りたい… それはこのサイトを見に来てくれた「大半の人の希望」だと思うが(笑)、それにピタリとはまる方法を紹介しよう。

実は「御座之湯」の真横には、無料の共同浴場「白旗の湯」がある。

こちらは昔ながらの湯治場で、その風情は「御座之湯」とは比較にならない、いわば「本物の草津温泉」だ。ただし、お湯は熱く、石鹸・シャンプーどころか洗い場さえもない。

だが、隣にシャワーもドライヤーも揃う「御座之湯」があるのだから、多少面倒でも「仕上げ」はそちらで済ませばいい。スッピンでも周りは知らない人しかいないし、移動には1分もかかるまい(笑)。

また連続で入湯するのが辛ければ、湯畑の奥にある湯路広場(とうじひろば)の化粧室でメイクを済ませ、湯畑で涼んだり温泉街をそぞろ歩きして、一度ほてりを冷ますことも可能だ。今の草津温泉は、そこまでお客のニーズを見越した再開発を行っている。

なお、御座之湯には専用駐車場がなく、マイカーは湯畑周辺の有料駐車場を利用することになるので、この方法だと駐車場の利用にも無駄が出ない。

ちなみに無料の天狗山第一駐車場からは、西の河原公園の中を抜けて約1.8キロ。とぼとぼ歩いて20分ほどかかる。温泉ハシゴをしてから、この距離を歩くのは中高年はちょっと厳しい。ここでは500円ほど使って「楽」をするほうが賢明だろう。

草津温泉 車中泊旅行ガイド 目次

草津温泉の概要と主な見どころ

「裏技」を含む、草津温泉の駐車場の上手な利用法

温泉入湯レポート一覧

草津温泉の食べどころ・土産品紹介

草津温泉の車中泊事情

車中泊スポット一覧 

草津温泉周辺の見どころ

志賀草津高原ルート

万座温泉

全記事リスト ※車中泊スポット除く

スポンサードリンク