野外トイレの古さが難点。道の駅 三朝・楽市楽座

この施設は、1993年4月22日に旧建設省と地方自治体の協力により、全国で103箇所が登録された「道の駅第一号」のひとつだ

登録から四半世紀が経過し、既に幾つかの道の駅でリニューアルが進む中、ここは相変わらずそのまま… さすがに建物やレイアウトからは「古さ」を感じずにはいられない。

特に顕著なのが、ログ調の「屋外トイレ」だ。昼間は駅舎の中のトイレが使われるとはいえ、これでは夜間の利用者が気の毒すぎる(笑)。

駐車場はフラットで車中泊には適しているのだが、ロケーションの割に利用客が少ないのはそのせいかもしれない。三朝温泉に行かれるのなら、明るいうちに一度その程度を確認し、自分たちの基準に照らしあわせたほうがいいと思う。

道の駅の駅の裏手には果樹園があり、季節になるとりんごや梨が収穫され、ここで販売される。直売所では他にも地元で穫れる品質の良い野菜や果物が数多く並ぶようで、品揃えは充実していた。

たまたま筆者が行った時はイベント中で、1000円以上の買物をしたら20世紀梨をひとつくれた。駅舎に食事施設はなく、駐車場を挟んで食事処の田舎茶屋縁満(よりみち)がある。

なお買物は、倉吉市街にある「東宝スーパー」が、ダイソーと隣接していて便利だ。

【正式名称】
道の駅三朝・楽市楽座
〒682-177 鳥取県東伯郡三朝町大柿591 ℡:0858-43-2286
【駐車台数】
普通車:35台
 【最寄の入浴施設】
三朝温泉

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦 
2.ゴミ箱の有無=不明 
3.入浴施設までの距離=約10キロ 
4.飲食・物販施設の営業時間=隣接する田舎茶屋縁満は、11:00~15:00 定休日/水曜日 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 三朝温泉街まで約10キロ 

三朝温泉ガイド 目次

温泉地の概要と車中泊事情

入湯レポート一覧

車中泊スポット 一覧

全記事リスト

スポンサードリンク