坂本龍馬ゆかりの地 霧島温泉郷

マイカーでお城や古戦場など、日本の歴史の舞台を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★歴史の舞台
 
坂本龍馬 桂浜
高千穂峰 天逆鉾
源平 屋島
大阪城
京都御所 蛤御門

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 
新婚旅行のきっかけは「湯治」
1866年1月22日、薩長同盟の締結に立ちあった龍馬は、翌日23日に三吉慎蔵の待つ寺田屋に戻ってきた。
この先は龍馬伝で話題になったお龍の入浴シーンが出るあの場面(笑)。
風呂に入ろうとしていた素っ裸のお龍が、外の様子に気づき、階段を駆け上がって龍馬に危機を知らせた。龍馬はピストルで、三吉慎蔵は槍で反撃するが、龍馬は手を斬られて戦闘不能に。何とか隙を見て窓から逃走し、龍馬は途中の材木小屋に隠れて一夜を明かすが、血が止まらず意識朦朧状態に陥る。そのため三吉は伏見の薩摩藩邸に通報に走り、助けを連れて何とか救出、かろうじて龍馬は一命をとりとめた。
 
寺田屋 京都
 
この伏見寺田屋事件で九死に一生を得た龍馬は、1866年の3月に西郷隆盛らの薦めで、妻のお龍とともに霧島へ向かい、写真の塩浸温泉に傷の湯治をかねて逗留することに。

龍馬は霧島滞在26日間のうち、18日間をこの塩浸温泉で過ごしたという。温泉に浸かって手傷を治療し、谷川で魚を釣ったり、ピストルで鳥を撃つなど、それは龍馬にとって人生で最も楽しい時間だったのかも知れない。

 
【新婚旅行の足跡】 慶応2年
3月04日 大阪で薩船『三邦丸』に乗船。小松帯刀、西郷隆盛らと鹿児島に向う。
3月10日 鹿児島着。西郷、小松、吉井邸に泊まる。
3月16日 錦江湾に浮かぶ桜島を眺めながら船で浜之市港へ。上陸して日当山温泉へ泊まる。
3月17日 この日より塩浸温泉で11泊し手傷の治療をする。
3月28日 栄之尾温泉で療養中の小松帯刀を見舞い、硫黄谷温泉泊。
3月29日 高千穂登山を果たし、霧島神宮に参拝。神宮の別当・華林寺の宿坊に泊。
3月30日 再び硫黄谷温泉泊。翌4月1日、塩浸温泉へ帰り7泊する。
4月08日 日当山温泉へ帰り3泊する。
4月11日 船待ちで浜之市港に一泊する(宿が不明)。
4月12日 浜之市港より船で鹿児島へ帰る。小松帯刀の原良(はらら)別邸に約50日間滞在。
6月02日 桜島丸で天保山より出港し、帰途につく。
 
浜之市港
浜之市港に建てられた「坂本龍馬上陸の地」の碑。
 
【龍馬ハネムーン ロードマップ】
鹿児島県観光交流局観光課が発行している、龍馬とお龍の新婚旅行の地「霧島」の関連情報をまとめたパンフレット。
 
PDFファイル P1 P2
 
塩浸温泉龍馬公園
霧島から隼人へ下る国道223号線沿いにある「塩浸温泉龍馬公園」のもとは「牧園町営塩浸温泉福祉の里」。そこを公園化し、2010年5月1日にリニューアルオープンしている。
写真の『坂本龍馬お龍新婚湯治の碑』は、それより以前の1998年に建てられたものだ。
 
 

より大きな地図で 薩摩Map を表示 
 
写真上:河原に残されている龍馬とお龍が実際に入ったという『湯治の浴槽』(現在は入浴不可)

写真中:場内に新しく作られた無料の足湯。

ただし2人は既に結ばれてから、ここに来たはずだけど…(笑)

写真下:リニュアルされた温泉の建物。「鶴の湯」と「塩浸温泉」の2つの湯があるが、龍馬が入ったのは「鶴の湯」。泉質は炭酸水素塩泉で、塩浸温泉の名は岩に塩のような物が付くことからつけられたらしい。適応症にはきりきずの文字も。

 
塩浸温泉 鶴の湯
 
龍馬資料館「この世の外」 (温泉に併設)
坂本龍馬との事跡をパネルや複製の資料で展示。料金:大人200円、小人100円
ここには坂本龍馬の名言、「日本を今一度洗濯し候」が記された、姉の乙女宛の手紙のレプリカが展示されている。
 
日本をせんたく の手紙 坂本龍馬
 
施設名:塩浸温泉龍馬公園
電話番号:0995-76-0007
住所:霧島市牧園町宿窪田3606
料金:塩浸温泉 大人360円、小人140円
開園時間:午前9時〜午後6時
駐車場:普通車10台程度
 
龍馬ファン必見!
高千穂峰山頂に刺さる、天逆鉾
高千穂峰への上手な登り方 
ただいま準備中です。
駐車場、車中泊情報はもちろん、龍馬伝ロケ時の裏話までドドンと公開。
 
霧島温泉周辺の車中泊事情とお勧め車中泊スポット
ただいま準備中です。
 
※このページは、「坂本龍馬(龍馬伝)ゆかりの旅路」の、「霧島温泉郷」です。
【龍馬伝ゆかりの旅路 コンテンツ】
 
■トップページ
龍馬伝ゆかりの地の旅のご案内
■坂本龍馬とは…
坂本龍馬のプロフィールを簡単に
■生誕の地 高知
2つの資料館と、桂浜と高知城周辺の見どころ
■脱藩の地 梼原
龍馬、脱藩の道と維新の門など
■大成の地 長崎
再生された亀山社中ほか、グラバー園、崇福寺など
■終焉の地 京都
御所・東山・祇園界隈に点在する龍馬士ゆかりの跡
■萩
武市半平太の使いで若き日に訪れた長州の地
■伊豆下田
龍馬が脱藩を許されるきっかけになった宝福寺ほか
■神戸
神戸の三宮に残る、勝海舟が創った海軍操練所跡
■霧島温泉郷
龍馬とお龍の新婚旅行先の1つ、塩浸温泉
■下関
馬関や、お龍と過ごした「自然堂跡」など
■鞆の浦
いろは丸事件で龍馬がしばらく滞在した町
 
 
 
龍馬伝ゆかりの地
■トップページ
■坂本龍馬とは…
■生誕の地 高知
■脱藩の地 梼原
■大成の地 長崎
■終焉の地 京都
■下田
■神戸
■霧島温泉郷
■下関
■鞆の浦
■各地のガイドマップ(PDF)
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊でクルマ旅
既に日本列島を5往復以上した筆者が、車中泊&クルマ旅で訪ねた全国の名所を紹介している情報収録サイトです。
データベース
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしている有料コンテンツです。