坂本龍馬ゆかりの地 京都

マイカーでお城や古戦場など、日本の歴史の舞台を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★歴史の舞台
 
坂本龍馬 桂浜
高千穂峰 天逆鉾
源平 屋島
大阪城
京都御所 蛤御門

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 
平安京に端を発し、幕末までの約1000年に及ぶ紆余曲折の歴史に彩られてきた京都の町。
それがゆえに、時代を回せば、万華鏡のごとく、史跡・遺構が組み替えられ、あたかも別の町のように感じられる。
 
坂本龍馬は、京都の近代史を語るに、不可欠な人物である。
僅か32年間しかない人生の中で、龍馬が京都に関わった歳月はおよそ4年…
その間に誰もが予想もしなかった「薩長同盟」を成立させ、奇跡の大政奉還を見届けると同時に、疾風の如くこの世を去った。

お龍との恋を含めて… そんな龍馬のドラマチックな人生にゆかりのある地が、実は今も京都市内のあちこちに残されている。同時にそれは戊辰戦争へと続く「幕末」への導火線でもある。

 
2010年に放映された大河ドラマ「龍馬伝」は、埃に埋もれつつあったその遺構を掘り起こし、老若男女にかかわらず、多くの人に日本の近代史を再認識させてくれる良いきっかけになった。
たまには、桜や紅葉とはひと味違う、京都の一面を覗いてみたいとは思わないか…
 
 
坂本龍馬ゆかりの地巡り モデルコースガイド 
このページでは、以下に主だった「坂本龍馬のゆかりの地」に関する詳しい説明を載せているが、実際に訪ねるのなら、それだけでは不十分だ。
そこでお勧めのスポットを、1泊2日の車中泊で訪ねるガイドページを用意している。ルート取りや駐車場事情にも詳しく触れているので、ぜひご活用いただきたい。
 
【龍馬が眠る東山地区】
 
坂本龍馬の誕生日は11月15日。くしくも近江屋で暗殺されたのも同じ11月の15日であった。33歳にして生涯を閉じた坂本龍馬のお墓は、高知ではなく祇園からほど近い京都霊山護国神社にある。この神社は紅葉の名所としても名高い高台寺に隣接し、墓地へと通じる維新の道は清水寺へ続く二年坂と交わっている。
 
京都霊山護国神社
 
京都霊山護国神社の詳細ページはこちら
 
幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

霊山歴史館は1970年に、全国ではじめて幕末・明治維新期の歴史を研究する専門博物館として京都に開館し、幕末の志士達が永眠する「京都霊山護国神社」と向かい合うように建っている。
ここには坂本龍馬をはじめ、中岡慎太郎、西郷隆盛、木戸孝允、

幕末維新ミュージアム 霊山歴史観
 
【龍馬が暮らした木屋町周辺】
 
京都のメインストリートといえば、三条から四条にかけての河原町通り。木屋町は、その河原町通りの1本東を平行に流れる高瀬川沿いの、風情に満ちた細い筋で、土佐勤王党の武市瑞山の寓居跡や、龍馬の妻「お竜」の独身時代の住まい跡にも碑が建てられている。
小さな石碑をひとつひとつ辿りながら歩けば、いわゆる観光地巡りでは見ることのできない一味違った京都を垣間見ることができるだろう。
 
さて、当時の高瀬川は京と伏見、そして大坂をつなぐ重要な水運のルートであった。そのため武家たちは深夜の入洛や逃亡に備えて、高瀬川沿いに屋敷を構えたのではないかと考えられている。
現在のホテルオークラから、御池通りの南側にあらる広大な敷地に長州屋敷はあり、さらにその南に土佐藩邸があった。脱藩を赦免された龍馬が「御叱り」として、7日間謹慎していた屋敷である。
 
このマップが掲載されたパンフレットは以下のサイトからダウンロードできるので、行かれる方は印刷して持参されると良いだろう。
■坂本龍馬と歩く、京の町
 
 
池田屋跡

ただいま準備中です。

 
 
池田屋跡
 
酢屋

ただいま準備中です。

 
 
酢屋
 
近江屋跡

ただいま準備中です。

 
 
近江屋跡
 
お龍が独身時代の寓居跡

ただいま準備中です。

 
 
お龍が独身時代の寓居跡
 
桂小五郎像(長州藩邸跡)

ただいま準備中です。

 
 
桂小五郎像(長州藩邸跡)
 
【歴史が動く舞台裏となった、御所周辺】
 

なぜ「薩長同盟」の締結を、誰もが不可能と信じて疑わなかったのか… 

その謎を紐解く鍵は御所にある。

また、奇しくも薩長同盟締結に向けた秘密裏の協議が重ねられ、その歴史的瞬間を迎えた屋敷も、京都御所から歩いてすぐのところだ。
 
蛤御門

ただいま準備中です。

 
 
蛤御門
 
薩摩藩邸跡

ただいま準備中です。

 
 
薩摩藩邸跡
 
吉田屋跡

ただいま準備中です。

 
 
吉田屋跡
 
二条城
「大政奉還」の舞台、二条城の詳細ページへ
 
【お龍との絆を育んだ、伏見地区】
 
龍馬が京を訪れる際の定宿が寺田屋だった。女将の登勢は志士達を支援し、勝海舟の弟子となって以降も、龍馬はこの宿を離れようとはしなかった。
やがて龍馬が頭角を現すと、それが災いし、寺田屋を舞台に大事件が巻き起こる…
それをきっかけに、龍馬の人生は一気にクライマックスへと加速する。
 
寺田屋
寺田屋の詳細ページへ
 
薩摩島津伏見屋敷跡

京都奉行による寺田屋襲撃により、手首に瀕死の重傷を負った坂本龍馬は、濠川辺りの材木屋で救助された。その後は薩摩藩伏見屋敷に匿われ、しばらくの期間、そこで傷を癒した。傷が癒え、薩長同盟の「裏書」を終えた龍馬は、西郷隆盛の勧めで妻のお龍とともに、ここから薩摩に

薩摩島津伏見屋敷跡
 
その他の京都に関する特集ページへは、こちらのバナーからどうぞ。
 
 
※このページは、「坂本龍馬(龍馬伝)ゆかりの旅路」の、「終焉の地 京都」です。
【龍馬伝ゆかりの旅路 コンテンツ】
 
■トップページ
龍馬伝ゆかりの地の旅のご案内
■坂本龍馬とは…
坂本龍馬のプロフィールを簡単に
■生誕の地 高知
2つの資料館と、桂浜と高知城周辺の見どころ
■脱藩の地 梼原
龍馬、脱藩の道と維新の門など
■大成の地 長崎
再生された亀山社中ほか、グラバー園、崇福寺など
■終焉の地 京都
御所・東山・祇園界隈に点在する龍馬士ゆかりの跡
■萩
武市半平太の使いで若き日に訪れた長州の地
■伊豆下田
龍馬が脱藩を許されるきっかけになった宝福寺ほか
■神戸
神戸の三宮に残る、勝海舟が創った海軍操練所跡
■霧島温泉郷
龍馬とお龍の新婚旅行先の1つ、塩浸温泉
■下関
馬関や、お龍と過ごした「自然堂跡」など
■鞆の浦
いろは丸事件で龍馬がしばらく滞在した町
 
 
 
龍馬伝ゆかりの地
■トップページ
■坂本龍馬とは…
■生誕の地 高知
■脱藩の地 梼原
■大成の地 長崎
■終焉の地 京都
■下田
■神戸
■霧島温泉郷
■下関
■鞆の浦
■各地のガイドマップ(PDF)
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

 
ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
キャンピングカーライフ
購入前に知っておきたいキャンピングカーの基礎知識と、近畿から行く、安近短な週末クルマ旅先ガイドを掲載しています。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊スポット見聞録
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしている有料コンテンツです。