坂本龍馬ゆかりの地 伊豆・下田

マイカーでお城や古戦場など、日本の歴史の舞台を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★歴史の舞台
 
坂本龍馬 桂浜
高千穂峰 天逆鉾
源平 屋島
大阪城
京都御所 蛤御門

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 

「龍馬伝」では、ペリーが下田に寄港する際に、龍馬は黒船を見るため下田までやってくる… というストーリーだったが、史実にはそれを裏付ける明確な記載はなく、どうやら脚本家である福田氏の脚色の様相が強い。その時に、吉田松陰や桂小五郎に出会うというのも同じく脚色のようである。

ちなみに、龍馬が実際に黒船と出会ったのは浦賀沖。

剣術の修行で江戸に滞在していた龍馬は、幕府の召集を受けて品川沿岸の警備の任に当たっていた。

 

では史実に基づく坂本龍馬と下田の関わりとは…

 
 
それは龍馬本人よりも、尊敬する勝海舟と土佐藩主の山内容堂の出会いによるものである。

ペリー艦隊の下田寄港から時は移って、1863年。

この年の1月15日に、土佐藩主・山内容堂は、江戸から大鵬丸で上洛途中にあったが、季節はずれの時化に遭い、宝福寺に投宿していた。
時を同じくして、勝海舟は兵庫から龍馬らを伴い、順動丸に乗って東帰の途にあったが、やはり時化には勝てず、下田港に緊急避難をすることになったのだ。
幕府軍艦奉行・勝海舟入港の知らせを聞いた山内容堂は、是非とも酒席に招きたいと使者を遣わした。勝海舟はそれに応じ、わずかな共を率いて宝福寺に参上し、謁見することにする。
その席で、勝海舟は山内容堂に龍馬の脱藩の罪を解き、その身を預けてほしいと懇願する。
 

山内容堂は、勝海舟が酒を飲めないことを承知で、「ならば、この酒を飲み干してみよ」と切り返すが、勝海舟はためらうことなく、朱の大杯を飲み干した。用心深い勝海舟は、脱藩罪赦免の件が酒の席での話として、後日うやむやにされることを恐れ、証拠の一筆を要求したという。そこで山内容堂は、白い扇に瓢箪の絵を描き、その中に「歳酔三百六十回 鯨海酔候」と著名して海舟に手渡した。

 
ちなみに、「歳酔三百六十回」とは、“一年中(360日)酔っ払っている”という意味で、「鯨海酔候」は、“鯨が泳ぐ海(=土佐)に住んでる飲んだくれ(酔っ払い)の殿さま”の意味だと解釈されている。

なお、「歳酔三百六十回 鯨海酔候」という文字の入った瓢箪の絵は、維新後の明治10年に勝海舟が著した『亡友帖』に収録されており、現在は国立国会図書館に所蔵されているそうだ。

そして約束どおり、この勝海舟の直談判によって、龍馬はまもなく脱藩を許される。それが下田が龍馬飛翔の地と胸を張る所以である。
 

なお龍馬伝では、この時に龍馬が勝海舟にお供をして山内容堂にも謁見する設定になっていたが、実際には下田の町の遊郭「住吉楼」に待機して、勝海舟からの吉報を待っていたというのが定説のようだ。

 
【下田の龍馬ゆかりの地マップ】
下田市観光協会/龍馬飛翔の地を訪ねる

マップ表示(PDF) (A43つ折り) 2ページ

 
裏にはバスの経路図と龍馬ゆかりの地、龍馬伝のロケ地の説明が記載されている。あまり情報のない下田では貴重な資料といえるはずだ。
 
 
【その他の下田の見どころをご紹介】
残念なことに… 取材で下田を訪ねた日は、あいにくの空模様。
空も海もグレイ一色に塗りつぶされていたため、町歩きが中心の内容になった。

函館や長崎とともに、開国当時の面影を感じさせる下田の町は、人ごみから開放され、ほっとするには良い場所だ。1967年には観光客が500万人を超えていたこの町も、バブル崩壊以降は客離れに歯止めが効かず、2004年には約65%にまで観光客は減少し、同じ伊豆半島でも新しいコンテンツを打ち出した、河津や稲取とは真逆の放物線を描いてきた。しかしそのおかげで開発が進まず、市内にはテーマパークのようにレトロな建物が今もたくさん残っている。

 
幕末のロマン漂う石畳が整備されたペリーロード 
 
ペリー艦隊来航記念碑
サスケハナ号
了仙寺
 
【下田の車中泊スポット】
下田市内では、以下の2ヶ所を調べてきた。
 
道の駅 開国下田みなと
道の駅 開国下田みなと
無料駐車場 下田公園
無料駐車場 下田公園
 
※このページは、「坂本龍馬(龍馬伝)ゆかりの旅路」の、「伊豆下田」です。
【龍馬伝ゆかりの旅路 コンテンツ】
 
■トップページ
龍馬伝ゆかりの地の旅のご案内
■坂本龍馬とは…
坂本龍馬のプロフィールを簡単に
■生誕の地 高知
2つの資料館と、桂浜と高知城周辺の見どころ
■脱藩の地 梼原
龍馬、脱藩の道と維新の門など
■大成の地 長崎
再生された亀山社中ほか、グラバー園、崇福寺など
■終焉の地 京都
御所・東山・祇園界隈に点在する龍馬士ゆかりの跡
■萩
武市半平太の使いで若き日に訪れた長州の地
■伊豆下田
龍馬が脱藩を許されるきっかけになった宝福寺ほか
■神戸
神戸の三宮に残る、勝海舟が創った海軍操練所跡
■霧島温泉郷
龍馬とお龍の新婚旅行先の1つ、塩浸温泉
■下関
馬関や、お龍と過ごした「自然堂跡」など
■鞆の浦
いろは丸事件で龍馬がしばらく滞在した町
 
 
 
龍馬伝ゆかりの地
■トップページ
■坂本龍馬とは…
■生誕の地 高知
■脱藩の地 梼原
■大成の地 長崎
■終焉の地 京都
■下田
■神戸
■霧島温泉郷
■下関
■鞆の浦
■各地のガイドマップ(PDF)
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

 
ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
キャンピングカーライフ
購入前に知っておきたいキャンピングカーの基礎知識と、近畿から行く、安近短な週末クルマ旅先ガイドを掲載しています。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊スポット見聞録
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしているサイトです。