京都 きぬかけの路

マイカーで京都を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
 
京都観光
パーク&ライド
丹後半島
■桜の名所
■紅葉の名所
■歴史の舞台
■世界文化遺産紹介

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 

 

 
「きぬかけの路」とは、衣笠山の麓を走る「市道衣笠宇多野線」のうち、金閣寺から石庭で有名な龍安寺を経て御室の仁和寺に至る、約2.5キロの区間の愛称である。
 
別名は鞍馬口通、木辻通、一条通。1963年(昭和38年)に開通して以来、長きにわたり「観光道路」の名で親しまれてきたが、1991年(平成3年)に地元の運動により愛称を公募。その結果、「きぬかけの路」と命名され、今日に至っている。
その謂れは、第59代宇多天皇が真夏に雪見をしたいと思い、衣笠山に絹を掛けたと伝わる故事にある。
 
ただ、実態は「観光道路」と呼ばれてきたことでも明らかなように、観光地の間をつなぐ連絡道路の域を出ない。
 
もちろん、それぞれの寺院には駐車場が完備されているが、観光シーズンは一度駐車場を出てしまうと、次の目的地でも停められるどうか分からない不安がつきまとう。
そのため、いつしか旅行者は、この道を歩いて3つの名刹をまわるようになったのであろう。
確かに嵯峨野や貴船に比べれば、2.5キロなど、全くたいした距離ではない。
 
きぬかけの路

「きぬかけの路の歩き方」の詳細ガイドはこちら

 
【きぬかけの路周辺の観光スポット】
 
金閣寺
舎利殿「金閣」が特に有名なため、一般的に「金閣寺」と呼ばれているが、鹿苑寺(ろくおんじ)という正式名を持つ禅宗の寺院である。「金閣寺」の元は、鎌倉時代の公卿・西園寺公経の別荘で、室町幕府三代将軍の足利義満がそれを譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりと
 
龍安寺

「龍安寺の石庭」で知られるこの臨済宗の禅寺は、室町幕府の管領で、応仁の乱の東軍総帥であった、細川勝元が1450年(宝徳2年)に創建したと伝わる。写真の枯山水の石庭は、それから約半世紀後の1499年(明応8)に、方丈の建立とあわせて造られたものらしい。というのは、

 
仁和寺

仁和寺は光孝天皇の勅願により創建され、その後宇多天皇が落髪入寺し、寺内に御室(御座所)を設けたことから、御室御所とも呼ばれた。
門跡寺院としての格式は高く、「徒然草」「方丈記」などの古典にも数多く登場するほか、世界文化遺産「古都京都の文化財」にもその名を

 
もうひとつの見どころ 「北野天満宮」
きぬかけの路を観光した後、時間が余るようなら「学問の神様」を祀る北野天満宮へ足を運ぶといい。金閣寺・仁和寺どちらからでもクルマなら10分以内の場所にある。
 
北野天満宮
菅原道真公を祀る、北野天満宮の詳細ページはこちら。
 
 
 
 
京都
市内北部
■大原
■貴船と蔵馬
■きぬかけの路
市内中部
■京都御苑(御所)
■同志社大学
市内東部
■比叡山
■哲学の小径
■祇園
市内西部
■嵐山
■嵯峨野
■嵐山高雄ドライブウェイ
市内南部
■伏見
■宇治
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
 
 

 
ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
キャンピングカーライフ
購入前に知っておきたいキャンピングカーの基礎知識と、近畿から行く、安近短な週末クルマ旅先ガイドを掲載しています。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊スポット見聞録
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしているサイトです。