本州と九州を結ぶフェリー航路 まとめ

この情報には幾つかのまとめ方があると思うが、ここでは「旅行プランを練る」という観点に立ち、九州の到着地を基軸に編集している。なお、記載している運行時間・運賃(金額は全て片道)は2018年1月現在のもの。ご覧になられた時の最新情報は、リンクしている各フェリー会社の公式サイトで確認を。

1.北九州(福岡県)

博多の天神や中洲、イカが有名な呼子、あるいは世界遺産に登録された宗像(むなかた)大社などが最初のお目当てという人にお勧めのエリア。またここは、目の前にある関門橋で本州に戻り、下関や秋吉台、あるいは萩といった山口県の名所を巡る際にも便利な場所だ。

■オーシャン東九フェリー<東京>

東京(有明)〜徳島(寄港)〜北九州(新門司)間を運行。
東京19時30分発(日・祝日は18時)、北九州5時40分着(日曜日は7時30分着)
往復とも2泊3日の行程で、所要時間は34時間。
5メートル未満の車両運賃39,390円、旅客運賃16,750円
2名個室のルームチャージ15,000円。夫婦で利用すると、合計71,140円
※個室は1部屋あたりの料金(ルームチャージ制)で、個室料金のみでは利用できず2等洋室運賃・自動車航送運賃が別途必要。

※自走との値段比較はこちらのページに記載

■名門太平洋フェリー<大阪>

大阪南港〜北九州(新門司)間を1日2便が運行。
1便:大阪17時発、北九州翌日5時30分着
2便:大阪19時50分発、北九州翌日8時30分着
所要時間12時間30分。なお2便は18時過ぎから乗船させてくれる
4m以上~5m未満の車両運賃22,220 円、旅客運賃 6,370円

1等和室は13,160円。夫婦で利用すると、合計42,170円

■阪九フェリー<大阪・神戸>

大阪(泉大津)〜北九州(新門司)間を運行。
大阪17時30分発、北九州翌日6時着
所要時間12時間30分
4m以上~5m未満の車両運賃22,220 円、旅客運賃 6,370円
1等和室は12,540円。夫婦で利用すると、合計40,930円

なお、神戸(六甲アイランド)からも北九州(新門司)行きの便を運行しており、そちらは公式サイトで確認を。

2.別府・大分

源泉数・温泉湧出量ともに国内ナンバーワンを誇る別府温泉と、若い女性に高い人気を誇る由布院、さらに「やまなみハイウェイ」で九重高原から阿蘇へといたる九州屈指の景観を誇る観光エリア。東九州自動車道の延伸で宮崎方面へのアクセスも向上している。

■フェリーさんふらわ<大阪・神戸>

大阪南港〜別府間を運行。
日曜日~木曜日:大阪19時05分発、別府翌日6時55分着
金曜日・土曜日:大阪19時55分発、別府翌日7時45分着
所要時間11時間50分。
4m以上~5m未満の車両運賃 28,590円 、旅客運賃11,200円
スタンダード2名部屋 17,600円 。夫婦で利用すると、合計52,590円
※マイカープラン利用で、スタンダード(2名部屋)2名 45,000円

なお、神戸(六甲アイランド)からも大分行きの便を運行しており、そちらは公式サイトで確認を。

また山口県の徳山港から、国東半島の「道の駅くにみ」の近くにある竹田津港にスオーナダフェリー(周防灘フェリー)が1日5便運航している。こちらについては以下の記事を参照。

スオーナダフェリー(周防灘フェリー)の使い道

3.志布志(鹿児島)

霧島温泉郷と指宿温泉、西郷隆盛や篤姫を育んだ薩摩藩ゆかりの史跡と桜島など、南九州の観光スポットのすぐ近くに直行できる貴重な港。屋久島や沖縄などの離島にフェリーで渡る際にも便利。

■フェリーさんふらわ<大阪>

大阪南港〜志布志間を運行。
金曜日:大阪17時55分発、志布志翌日8時55分着
※曜日によって時間が変動。詳しくはこちらで確認
所要時間15時間。
4m以上~5m未満の車両運賃30,140円 、旅客運賃12,800円
ファースト2名部屋 21,000円 。夫婦で利用すると、合計59,340円
※マイカープラン利用で、ファースト(全室海側)2名 48,200円

なお「フェリーさんふらわ」には、別府と志布志を利用しても「マイカープラン」が適用される「舟遊プラン」が用意されている。

詳しくはこちらを参照。

4.宮崎

■宮崎カーフェリー<神戸>

神戸(三宮)〜宮崎間を運行。
大阪19時10分発、宮崎翌日7時30分着
所要時間12時間20分
4m以上~5m未満の車両運賃29,390円 、旅客運賃10,280円
1等洋室は19,330円 。夫婦で利用すると、合計57,770円

スポンサードリンク