電源と炊事場が無料で使える「道の駅阿蘇」 2018年最新情報

もう多くの人がご存知の通り、道の駅阿蘇では、夜間の電源と24時間使用できる水場を、無料で利用者に提供している。

車中泊旅行者の中には、この話をオフレコにしておきたい人がいるかもしれないが、公式サイトには既にそのことがしっかりと明記されているので、その願いは敵わない(笑)。いい情報は多くの旅人が共有すべきと諦めよう。

確かに電源と水場は特別としても… 阿蘇は筆者の知るかぎり、日本でもっとも車中泊に適した環境を有する道の駅だ。そして、その証拠が下の写真。同じことを感じている車中泊の旅人が、こんなにもいる。

【道の駅阿蘇 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○ 普通車:71台
3.ゴミ箱の有無=△ 道の駅の売店営業中は利用可
4.旅行情報の充実度=○ 
5.付帯設備の充実度=○ 

さて、ここからは具体的に「道の駅阿蘇」の良いところを紹介していこう。

まず、電気は現在、午後7時から翌朝7時まで「通電」している。ゆえに昼間はコンセントをさしても電気は来ない。かつては午後6時から翌朝9時まで利用できたのだが、値上げの影響だろうか、2014年末には提供時間が削減されていた。

なおコンセントは10個用意されているが、電源口に近い駐車スペースは5.6台ほどなので、延長コードの持参は不可欠だ。

気になる地デジの電波受信は良好。内臓アンテナでもこれだけ拾える。

ASO田園空間博物館総合案内所には床張りの休憩室があり、誰でも自由に使える。

そのうえ電子レンジとゴミ箱まで置いてあるのだから、恐れ入る(笑)。

なお隣接する阿蘇駅には、あの豪華寝台列車「ななつ星」が、夕方6時~午後9時前まで停車する。

続いて周辺情報を。

阿蘇駅の隣にはコインランドリーと、日帰り温泉「夢の湯」があり、道の駅の駐車場から徒歩で行くことができる。またその前の国道57号を渡ればローソンだ。

いっぽう「夢の湯」と反対方面に500メートルほど行けば、「ファッションセンターしまむら」と、セルフのガソリンスタンド、そしてスーパーマーケットの「えびすぱーな」にホームセンターもある。これで必要なものはすべて揃う(笑)。

実際に、筆者はこの道の駅で2度「年越し車中泊」をしてきた。

ちなみにスーパーの「えびすぱーな」では、熊本名物の馬刺しも買える。

道の駅阿蘇  
〒869-2225熊本県阿蘇市黒川1440-1
☎0967-35-5088
■最寄りの温泉:夢の湯

最後に、道の駅阿蘇ほどではないが、2017年に有料でそれに近いサービスを始めた新しい組織が九州に現れたので、あわせて紹介しておこう(笑)。

「九州周遊観光活性化コンソーシアム」 オフィシャルサイト

スポンサードリンク