透明感が清々しい、蛍川荘(けいせんそう)の川底温泉/九重夢温泉郷・大分県

川底温泉は複数の温泉施設がある「温泉地」ではなく、九重夢温泉郷の法泉寺温泉エリアにある1軒の旅館・蛍川荘(けいせんそう)の混浴大浴場を指していう。つまり「蛍川荘・川底の湯」と現した方が、初めての人にはわかりやすい。

蛍川荘・川底温泉は、九重九湯(ここのえきゅうとう)のひとつに数えられる名湯で、学問の神様で知られる菅原道真公ゆかりの温泉と伝えられ、現在の旅館は江戸時代の1856年(安政3年)に、本村の庄屋・菅原元徳が、村人のために温泉を開発し、石畳の浴槽と湯小屋を合わせて建てたことが始まりだという。

その後、旅館は何度か改築されたようだが、驚いたことに混浴大浴場だけは、今でもほぼ当時まま使われている。

こちらがその「川底温泉」。

写真とレポートは2013年当時のものだが、2016年にリニューアルされ、現在は中に仕切りの板を立てて、混浴ではなく男女別になっているようだ。ただこのページには「記録」の意味を含めて、取材当時の内容を掲載している。

湯船は3つあり、かけ流しのシャワーを兼ねた「うたせ湯」に近い方から、あつ湯・普通湯・ぬる湯と3段階に分かれている。それぞれの大きさは、4.5人程度が妥当といったところだろうか。ネットの口コミ情報から推測すると、湯温は一定ではなさそうだが、筆者が入浴した日は、真ん中の湯船が一番心地良く思えた。

ちなみに、浴場の中には「隠れ場所」めいたところはなく、実にオープンな構造となっている。混浴ではあるが、もし女性が入湯するなら、湯気が立ち込める寒い時期のほうが良さそうだ。ただ…いずれにしても、かなりの勇気が要ることだろう。

さて、今にも崩れ落ちそうな木造の建屋と、角のとれた川石が底に転がる石造りの湯船は、確かに他にはない独特の雰囲気を醸しており、写真ではそちらに目がいきがちだ。だが実湯してみて、特筆すべきはその透明度にあると感じた。

くすんだ造りとは裏腹に、その澄み切った温泉は同じ無味無臭でも、明らかに水道水とは異なる滑らかな質感を有しており、来る人に施設の老朽感を忘れさせるに十分な癒しを与えてくれる。

もし川底温泉が濁り湯であったなら、果たして今日まで残されていたかどうかが疑問に思え、これまでに味わったことのない不思議な思いにとらわれた。

ただ、この名湯を後世に伝えるには、今の管理状況では甚だ心もとないように感じたのも事実。気持ちだけではどうにもならない現実が、どうやらここにはありそうだ。行きたい人は早めの方がいいだろう。

なお、こちらはリニューアル後の蛍川荘のフェイスブック。幸いなことに、筆者の不安は杞憂に終わったようだ(笑)。

【駐車場について】
旅館の隣に、10台ほど停められそうな未舗装の駐車場が用意されている。川下の「せせらぎ温泉」方面からくると、川底温泉を超えてスグのところに、駐車場の案内が建てられているので分かりやすいと思う。

ちなみに「せせらぎ温泉」は今どきの温泉施設。風情よりも設備重視という方には、こちらのほうがお勧めかもしれない。

蛍川荘
所在地 〒879-4724大分県玖珠郡九重町菅原1453
電話 0973-78-8234

入浴料: 500円
営業期間 :通年
営業時間 :8:00~20:30(閉館21:00)
休館日 不定休

源泉かけ流し
泉温 86度
泉質 :ナトリウム-塩化物泉
効能: 神経痛・リウマチ・胃腸病・疲労回復など
pH値 7.3
露天風呂:なし
貸切風呂: なし

最寄りの車中泊スポット
道の駅・玖珠

スポンサードリンク