車中泊(キャンピングカー)で温泉旅  兵庫県 有馬温泉

車中泊で兵庫県の有馬温泉を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
ブログでは、この記事がよく読まれています。
車中泊(キャンピングカー)の温泉旅事情
温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」
「居心地のいい温泉地」と呼べる5つの条件
温泉旅と温泉巡りは「別物」
車中泊で行く、温泉&クルマ旅の基礎知識
温泉の基本
■温泉とは…
■源泉掛け流しとは…
■pHとは…
■「湯あたり」とは…
■「温泉分析書」とは…
 
 
 
 
 
六甲山の北側に位置する有馬温泉は、「関西の奥座敷」と呼ばれ、神戸・大阪からクルマで1時間足らずで行ける温泉地である。
江戸時代の儒学者・林羅山が評した「三名泉」(有馬・草津・下呂)、『枕草子』による「三名泉」(有馬・榊原・玉造)、日本書紀・風土記などに登場する「三古泉」(有馬・道後・白浜)、さらには「三大薬泉」(有馬・草津・松之山)にもその名を連ねるなど、有馬のお湯は昔から皇族・貴族・文化人らに愛されてきた。
 
もちろん長い歴史の中では、幾度となく衰退の危機に立たされたこともあったが、奈良時代の行基上人、平安末期の仁西上人と、そのたびに温泉再興に尽力する人物が現れる。さらに、この2人の高僧とならび「有馬三恩人」と讃えられているのが、安土桃山時代の天下人・豊臣秀吉だ。
 
 
有馬温泉は、太閤秀吉抜きには語れない。
六甲川を挟む形で、秀吉と正室ねねの銅像が向かい合わせで鎮座するなど、現在でも温泉街を歩けば、太閤秀吉への尊敬と親しみをあちこちで感じることができる。
豊臣秀吉が愛した有馬温泉の歴史 詳細ページはこちら。
 
 
 
 
名湯・秘湯
 
そんな昔から「名湯」と言われてきた有馬温泉だが、高温で赤茶色をした塩辛い「金泉」が、「なぜそうであるか」はつい最近まで「謎」のままだった。
考えてみれば、火山もなく海からも遠い有馬温泉に、摂氏100度近い温泉が湧き出すこと自体が不思議な話。だがその謎を知った時、有馬温泉の本当の魅力がわかる。
 
天神泉源
有馬温泉 金泉の謎と正体 詳細ページはこちら
 

金の湯

金の湯は有馬温泉にある神戸市営の温泉入浴施設で、有馬の「元湯」とも呼ばれている。古くから当地にあった公衆浴場「有馬温泉会館」を改築し、2002年に開館した。姉妹施設には「銀の湯」がある。お湯は天神泉源(泉温96.2度)と有明泉源1号泉・2号泉(泉温82.4度)を混

<続きを読む>
金の湯
 

銀の湯

有馬温泉には、有名な「金泉」が注がれる「金の湯」と、無色透明な「銀泉」を注ぐ「銀の湯」の2軒の神戸市営温泉施設があり、両湯を楽しむつもりなら、850円の2館券がお勧めだ。※ただし、「銀の湯」は2014年8月の保全点検の結果、天井部分の改修が必要な状況と判明したた

<続きを読む>
銀の湯
 
有馬温泉 2館券
 
※このページは、「キャンピングカーで温泉旅」の「近畿地方 兵庫県・有馬温泉」の<概要と名湯・秘湯>です。
 
有馬温泉 コンテンツ
■概要と名湯・秘湯
■温泉情緒と主な見どころ
■駐車場・車中泊事情
 
 
 
 
ニセコ温泉
ニセコ温泉郷(北海道)
塩原温泉郷
塩原温泉郷(栃木)
草津温泉
草津温泉(群馬)
諏訪湖
諏訪湖温泉(長野)
奥飛騨温泉郷
奥飛騨温泉郷(岐阜)
城崎温泉
城崎温泉(兵庫)
白浜温泉
白浜温泉(和歌山)
南紀勝浦温泉
勝浦温泉(和歌山)
道後温泉
道後温泉(愛媛)
別府温泉
別府温泉郷(大分)
霧島温泉郷
霧島温泉郷(鹿児島)
 
熱海
温泉レポート
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム | サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.