車中泊(キャンピングカー)で温泉旅  兵庫県 城崎温泉

車中泊で兵庫県の城崎温泉を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
城崎温泉
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
ブログでは、この記事がよく読まれています。
車中泊(キャンピングカー)の温泉旅事情
温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」
「居心地のいい温泉地」と呼べる5つの条件
温泉旅と温泉巡りは「別物」
車中泊で行く、温泉&クルマ旅の基礎知識
温泉の基本
■温泉とは…
■源泉掛け流しとは…
■pHとは…
■「湯あたり」とは…
■「温泉分析書」とは…
 
 
 
 
 
城崎温泉の歴史は平安時代に遡り、外湯の1つである鴻の湯には、舒明天皇(在位629年-641年)の時代に、コウノトリが傷を癒したという伝説が残る。
柳が映える大谿川の橋梁群からは、歴史と情緒が感じられ、風情を大切にする温泉宿の心遣いは、浴衣や下駄といった和装の中に今も息づいている。
 
抜群の知名度と京阪神からのアクセスの良さにもかかわらず、歓楽色の少ない閑静な佇まいを守り続けてきた背景には、町ぐるみで外湯をめぐるお客様をもてなしてきた伝統がある。
志賀直哉をはじめ、島崎藤村や与謝野晶子、有島武郎、柳田国男といった文人達も、この地をこよなく愛してきた。
 
城崎温泉の名物「下駄奉納板」。ここには城崎温泉の旅館の下駄が飾られており、年に一回、新しいものに付け替えられ、古くなった下駄は城崎温泉まつりの際に供養される。 
 
 
城崎温泉には、お得なクーポン券ある。
ツアー旅行で行く場合は、ガイドさんがそれを教えてくれるので心配ないと思うが、個人旅行では貴方がツアーコンダクターとなる。そこで、まずは資料と、お得な情報を揃えよう。
写真の「ゆかたとかにの王国」パスポートは、城崎町文芸館にある城崎温泉観光協会で販売している。
 
きのさき温泉観光協会 公式サイト
このサイトから マップや観光パンフもダウンロードできる。
ゆかたとかにの王国パスポート
 
 
 
 
 
城崎温泉外湯めぐり券
車中泊には1200円で城崎温泉の外湯が入り放題の1日入浴券「1日ぐるっと、入り放題 城崎温泉外湯めぐり券」がお勧めだ。ちなみに7つの外湯を全館利用すると、最大で4600円になる。
券は各外湯で購入できるので、最初に申し出よう。
ただし各外湯は平日に定休日をばらして設定しており、全てに入湯できるのは土日だけだ。
 
なお、チケットの代わりに自分のおサイフケータイか、ICカードを利用して外湯めぐりを楽しむシステム「ぱっと、湯めぐりパス ゆめぱ」も併用して使えるようだ。
 
 
城崎温泉 一番札

城崎温泉には、毎日各外湯で最初のお客様だけがもらえる一番札があり、温泉ファンには人気がある。

時間の制約を受けない車中泊なら、この一番札を狙ってみるのも悪くない。
狙いは鴻の湯だろう。それでも確実にゲットするには、開湯の30分前には並ぶ必要がある。
 
 
 
 
 
 
城崎温泉には7つの外湯がある。

ただし、城崎温泉の全ての源泉は集中配湯管理施設に集められ、各外湯・旅館に送られているため、どこも泉質は変わらない。またお湯は掛け流しではなく循環で、法律に基づき塩素系の消毒剤が使用されている。

従って、各湯を巡って楽しむのは「造りからくる雰囲気」ということになるだろう。
 
御所の湯
イチオシは外観もゴージャスな「御所の湯」。詳細ページはこちら
 

一の湯

城崎温泉は兵庫県・豊岡市にある温泉で、 平安時代からその存在が知られ、約1300年の歴史に彩られた古いお湯場だ。日帰り客にも人気が高い。温泉街のほぼ中央にある「一の湯」は、そんな城崎温泉のランドマークとも呼べる存在で、桃山様式の歌舞伎座を模したとされる建

<続きを読む>
城崎温泉 一の湯
 

さとの湯

山陰本線城崎温泉駅前にある「さとの湯」は、2000年7月に新築開業した外湯で、2005年に改築した御所の湯についで新しい。 この施設は、電車や観光バスでアクセスしてくる日帰り客を強く意識しているのかも知れない。ハーブの薫る蒸気が自慢のハマームレストやクールサウ

<続きを読む>
さとの湯
 

鴻(こう)の湯

鴻の湯は、城崎温泉街のもっとも奥に位置する外湯で、コウノトリが足の傷を癒していたことから発見されたと伝わる城崎最古の湯だ。 その伝説から「しあわせを招く湯」と親しまれ、ご利益も夫婦円満・不老長寿… 御所の湯とは対照的に、こちらはご年配を意識した外湯といえ

<続きを読む>
鴻(こう)の湯
 

地蔵湯

入口横に名前の由来である地蔵尊が祀られているこの共同浴場は、大きな外観ながら中には広い内湯と打たせ湯があるだけの実にシンプルな構造だ。20畳はあろうかという湯船だけに、混雑感が薄いというのが取り柄だろう。ちなみに一の湯と、この地蔵湯にある貸切風呂だが、

<続きを読む>
地蔵湯
 

柳湯

一の湯にほど近い城崎温泉街のほぼ中央にある共同温泉。両側の高い建物に挟まれているとはいえ、木造で窓格子のある小さな建物は、周囲によく馴染んだ城崎温泉の外湯らしい装いを持つ。子授けの湯ともいわれ、その名は中国の名勝西湖から移植された柳の木の下から

<続きを読む>
柳湯
 

まんだら湯

メインストリートの湯の里通りではなく、大谿川と平行する木屋町通りの外れにある共同浴場で、717年に温泉寺開祖「道智上人」の曼陀羅一千日祈願によって湧き出たとされる。またその約800年後に沸きあがって熱湯となったが、折よく居合わせた京都の僧侶「日真上人」が曼陀羅

<続きを読む>
まんだら湯
 
※このページは、「キャンピングカーで温泉旅」の「近畿地方 兵庫県・城崎温泉」の<概要と名湯・秘湯>です。
 
城崎温泉 コンテンツ
■概要と外湯
■見どころと食べどころ
■駐車場・車中泊事情
 
 
 
 
ニセコ温泉
ニセコ温泉郷(北海道)
塩原温泉郷
塩原温泉郷(栃木)
草津温泉
草津温泉(群馬)
諏訪湖
諏訪湖温泉(長野)
奥飛騨温泉郷
奥飛騨温泉郷(岐阜)
城崎温泉
城崎温泉(兵庫)
白浜温泉
白浜温泉(和歌山)
南紀勝浦温泉
勝浦温泉(和歌山)
道後温泉
道後温泉(愛媛)
別府温泉
別府温泉郷(大分)
霧島温泉郷
霧島温泉郷(鹿児島)
 
熱海
温泉レポート
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム | サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.