温泉とは

車中泊で全国の温泉地を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
ブログでは、この記事がよく読まれています。
車中泊(キャンピングカー)の温泉旅事情
温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」
「居心地のいい温泉地」と呼べる5つの条件
温泉旅と温泉巡りは「別物」
車中泊で行く、温泉&クルマ旅の基礎知識
温泉の基本
■温泉とは…
■源泉掛け流しとは…
■pHとは…
■「湯あたり」とは…
■「温泉分析書」とは…
 
 
 
 
 
素人感覚からすれば、「温泉は熱いお湯で、地下天然水は冷たい水」。となるわけだが、
「冷泉」という言葉が示す通り、日本には「冷たい温泉」が存在する。
 
さて、一度でも温泉分析書や泉質に関する書物を読んだことがある人なら、この手のコンテンツには、化学的専門用語と耳慣れない単位や記号が、山のように登場することをご存知だと思う。
 
ややこしい話はいいから、常識レベルのことだけ知りたい…
それは「無知」では困るが、「通」や「オタク」になりたいとまでは思わない、まさに「中流意識」そのものかもしれない。だがそれが、レジャー気分で温泉に行きたい人の偽らざる本音である。
 
 
日本の温泉は、「温泉法」という法律で、以下のように定義されている。
●採取された時の温度が25度以上 もしくは
●以下の物質の1つ以上を、一定量以上含有する
 
1.溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1000mg以上
2.遊離炭酸(CO2) 250mg以上
3.リチウムイオン(Li+) 1mg以上
4.ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上
5.バリウムイオン(Ba++) 5mg以上
6.フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++) 10mg以上
7.第一マンガンイオン(Mn++) 10mg以上
8.水素イオン(H+) 1mg以上
9.臭素イオン(Br-) 5mg以上
10.沃素イオン(I-) 1mg以上
11.フッ素イオン(F-) 2mg以上
12.ヒ酸水素イオン(HAsO4--) 1.3mg以上
13.メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
14.総硫黄(S)[HS-,S2O3--,H2Sに対応するもの] 1mg以上
15.メタホウ酸(HBO2) 5mg以上
16.メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
17.重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
18.ラドン(Rn) 20×10-10Ci以上
19.ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上
※含有量は1kg中
 
 
ちなみに、温泉法は温泉の保護等を定めた法律で、具体的には温泉を湧出させるための土地掘削許可、源泉からの温泉採取許可、温泉の利用許可、温泉成分の表示等に関する細かな規定を記している。
温泉法は昭和23年に交付された古い法律だが、直近では白骨温泉に端を発した温泉偽装問題に対応するため、温泉施設に対し10年以内ごとの温泉成分分析を義務付ける改定が、平成19年11月に施行されている。
※温泉法の詳細→「環境省」のサイトを参照
 
※このページは「旅立ち前に知っておきたい温泉の話」の「温泉とは…」です。
旅立ち前に知っておきたい温泉の話 コンテンツ
■温泉とは… 地下天然水とはどう違う?
■源泉掛け流しとは… 無農薬野菜のようなもの?
■pHとは… 肌で感じる温泉の違い?
■「湯あたり」とは… 似て非なる「湯疲れ」?
■最後に「温泉分析書」とは… 「通」が見るポイント
 
 
 
 
ニセコ温泉
ニセコ温泉郷(北海道)
塩原温泉郷
塩原温泉郷(栃木)
草津温泉
草津温泉(群馬)
諏訪湖
諏訪湖温泉(長野)
奥飛騨温泉郷
奥飛騨温泉郷(岐阜)
城崎温泉
城崎温泉(兵庫)
白浜温泉
白浜温泉(和歌山)
南紀勝浦温泉
勝浦温泉(和歌山)
道後温泉
道後温泉(愛媛)
別府温泉
別府温泉郷(大分)
霧島温泉郷
霧島温泉郷(鹿児島)
 
熱海
温泉レポート
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム | サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.