愛媛県 道後温泉の車中泊事情

車中泊で愛媛県の道後温泉を旅したい人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
ブログでは、この記事がよく読まれています。
車中泊(キャンピングカー)の温泉旅事情
温泉クルマ旅でもっとも大事なのは「居心地」
「居心地のいい温泉地」と呼べる5つの条件
温泉旅と温泉巡りは「別物」
車中泊で行く、温泉&クルマ旅の基礎知識
温泉の基本
■温泉とは…
■源泉掛け流しとは…
■pHとは…
■「湯あたり」とは…
■「温泉分析書」とは…
 
 
 
 
道後温泉駐車場への依存度が高い点がネック。

道後温泉はこじんまりとした温泉地で、現状通り道後温泉(冠山)駐車場が使えれば不自由することはない。ただし代替え地が見当たらないため、ここが何らかの理由で車中泊禁止になれば致命的となる。

 
道後温泉駐車場
 
道後温泉の駐車場と車中泊事情
 
 
 
 
地図を見れば分かるように、京阪神からでも道後温泉はけして「近い温泉地」ではない。
ゆえにいくら「坂の上の雲」で再ブレークしたとはいえ、バスツアーのように京阪神から道後温泉だけを目当てにでかけるような車中泊の旅人は、多分ほとんどいないと思う。
しかし見方を変えれば、道後温泉は九州・四国・中国方面へでかける際の、有力な「立ち寄り先の候補」といえる。
 
その目線から地図を眺めてみると、道後温泉のロケーションの良さに気づくはずだ。
例えば、山陽道から「しまなみ海道」で四国に渡り、瀬戸内沿いを走って淡路島経由で戻る「瀬戸内海一周の旅」はどうだろう。
また四国の最西端である佐田岬からフェリーに乗って大分県の佐賀関に渡れば、今度は「有馬・道後・別府を結ぶ豪華温泉旅」が可能になる。
筆者が道後温泉を5回も訪れている理由はそこにある。
 
筆者が著書の車中泊コースガイド西日本編で実際に紹介した「瀬戸内海周遊の旅」
 
※このページは、「キャンピングカーで温泉旅」の「四国地方 愛媛県・道後温泉」の<車中泊事情>です。
 
道後温泉 コンテンツ
■概要と名湯・秘湯
■主な見どころ・食べどころ
■駐車場・車中泊事情
 
 
 
 
ニセコ温泉
ニセコ温泉郷(北海道)
塩原温泉郷
塩原温泉郷(栃木)
草津温泉
草津温泉(群馬)
諏訪湖
諏訪湖温泉(長野)
奥飛騨温泉郷
奥飛騨温泉郷(岐阜)
城崎温泉
城崎温泉(兵庫)
白浜温泉
白浜温泉(和歌山)
南紀勝浦温泉
勝浦温泉(和歌山)
道後温泉
道後温泉(愛媛)
別府温泉
別府温泉郷(大分)
霧島温泉郷
霧島温泉郷(鹿児島)
 
熱海
温泉レポート
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム | サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2016 稲垣朝則 All Rights Reserved.