「日本一周の旅」と「日本縦断の旅」は別物

全国を旅していると、よくクルマやバイクに「日本一周」と書いた旅人を見かける。世界を見渡せば箱庭のように狭い国とはいえ、それはシニアか学生のように時間にかなりの余裕を持てる人間にしかできない「夢の旅路」に違いない。

だが、ブログなどを見てみると「日本一周」には2つの意味が混在しているようだ。

杓子定規かもしれないが、「日本一周」というのは、文字通り一筆書きで描くように、日本の海岸線に沿って旅することを云うのではないかと筆者は思っている。

つまり基本的には、北海道の富良野や帯広、東北なら乳頭温泉や裏磐梯、さらに富士山、北アルプス、白川郷、琵琶湖、果ては阿蘇山に至る名所には足を運ぶことない旅路である。

裏返せばそれは、明けても暮れても景色は海、飯は魚… 極端な話、まともに実行すれば1周間で飽きてくるものでしかないだろう(笑)。

すなわち、日本の内陸部と沿岸部を行き来しながら、北海道から九州までくまなく周るというのは、「日本縦断の旅」と云う方が適切だ。

確かに「日本一周」という言葉の響きは、本人には「達成感」、また旅をさほどしない人には「感銘」を与えるかもしれない。

しかし、それは富士登山と同じく、経験値の高い人に意志の強さは伝わっても、さほど素晴らしい実績には映らないように思う。

旅の目的やスタイルが「十人十色」であることを承知した上で… これから「日本一周・日本縦断の旅」に出ようという人々に伝えたいのは、でかける前に優先順位をよく考えることだ。

人生がいくら長くても、誰も永遠の命や無限の旅費は得られない。妙なこだわりや妄想に囚われるよりも、まずは「実」を取ることを優先してはどうだろう。

結論は、宴会料理と同じく、好きなものから順番に食べるべしだ。特に「完食」に自信が持てないシニアにほど、その話は当てはまる。「日本一周」よりは「日本縦断」。しかも一気にではなく、土地土地の「旬」に合わせて断片的に旅するほうが間違いなくコスパはいい。

「日本一周」はそれをやり尽くした後の「余興」的なものだと思う。

変化の少ない長旅は、数多くの「旅を楽しむ引き出し」を持ってなければ、なかなか堪能できるものではない。そのためこのコンテンツでは、旅先の紹介ではなく、筆者が執筆のために旅した際の日誌の一部を紹介している。

日本一周の旅 記事一覧ページへ

日本一周の旅に関する著書の紹介

北海道・本州太平洋ルート・本州日本海ルート・四国九州の4部構成で、日本一周車中泊の旅のコースガイドを執筆中。現在3冊が完成発売され、四国九州は2018年秋に発売の予定。